モトリー・クルー「次は南米、ヨーロッパ、アジア」

ツイート

今年、6年半ぶりに復活したモトリー・クルーは、デフ・レパード同様、今後アジアで公演を行うことを検討しているそうだ。

6月に北米でスタートしたデフ・レパードとの共同ツアー<The Stadium Tour>が残り10公演を切り、週末、Twitterでファンから「次は??」と問われたニッキー・シックスは「俺ら、SA(南米) -メキシコ - ヨーロッパ - UK - アジアなどなどに取り掛かってる」と返信した。

デフ・レパードのフィル・コリン(G)は先ごろ、「俺らは、このツアーを世界中に持って行きたいと思ってる。ヨーロッパ、オーストラリア、日本、南アメリカなんかだ」「今年はモトリー・クルー、ポイズン、ジョーン・ジェットとの北米ツアーだ。数週間後にスタートする……。でも、このツアーは3年続く予定だ。新作(『Diamond Star Halos』)のために、少なくとも3年だ。間違いなく、来年の夏はヨーロッパで(ツアーを)やる。それから、南米、オーストラリア、日本だ。できれば来年、どこかの時点で」と話していた。

ジョー・エリオットはその後、<The Stadium Tour>が2023年夏にヨーロッパで開催されることが決まったと明かしている。

シックスは2021年夏、まだ北米ツアーも始まっておらず具体的なことは何も決まっていない状態だったが、「俺ら、アメリカで30公演以上やる。で、考えるよ。多分……、ヨーロッパや南米、日本へも持って行けるんじゃないか。まだわからないけどな。先のことだ。でも、俺らとデフ・レパードはすごく親しい。素晴らしいことだ。やると決まったら、俺ら、他の国々ではどんな“The Stadium Tour”が相応しいか考えるよ。同じラインナップかもしれない。あのラインナップにはみんな興奮しているからな。素晴らしいアウトドア・パーティーになる」と話していた。

日本での公演が実現すれば、2015年2月以来となる。



Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報