Kid Rock、Eminem、Experience Music Projectオープニング・コンサートに出演【パート1】

ツイート
 6月24日(土)Matchbox TwentyのRob Thomasはステージから“Paul Allenはパーティーの仕方を知っている”と叫んだ。Thomasのこの発言は、6月23日から25日の週末3日間に渡るExprerience Music Project博物館のグランドオープンのコンサートにアーティストを集めた、この創立者に対する多くの来場者や出演者達の気持を代弁したものになっているだろう。

 6月23日(金)のオープン初日には、FilterKid RockRed Hot Chili PeppersDr.DreSnoop DoggEminemが出演し、3日間の中でも最もエキサイティングな夜となった。

 各アーティストの出演時間は30、40分に限られていたが、全員与えられた時間をフルに活用した。ステージは抽象芸術作品に飾られ、両端には金属製の大きな牙が置かれていた。シアトルの町は3日間とも好天に恵まれ、一滴の雨の気配さえなかった。

 初日のコンサートは、Eminem、Snoop Dogg、Dr. Dreがアクセントになり、ヒット曲を聞かせ観客を楽しませた。
 Eminemは、ショウの最中に法律と妻とをめぐる最近の騒動に触れた。観客に向かい「俺の結婚問題について、多くの人が読んだり、見たり、聞いたりして知ってるだろうけど、大丈夫だから。俺と妻のKimとの仲は大丈夫だから」。そこにKid Rockがダッチワイフを抱え登場、人形と“やってる”振りをして見せた。するとSlim Shadyが「違う違う、俺と妻の仲は大丈夫だから」といって人形の頭を自分のアソコに押さえつけ、そして「My Name Is」を演奏し始めた。Snoop Dogg、Dr. Dreは、売り切れ満員の観客に気を良くしていたようで、手を上げて振りながら「Up In Smoke」と繰り返し言うようにと観客に求めた。


【パート2】へ続く
この記事をツイート

この記事の関連情報