レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、11月発売のカヴァー・アルバムの内容が発表

ツイート
先日、ヴォーカルのZack de la Rocha脱退が伝えられたRage Against The Machineだが、予定されていたカヴァー・アルバムの詳細が発表になった。タイトルは”Renegade”(仮)で、日本語にすれば背信者、裏切り者といったところ。今回のことを考えると、なんとも意味深ではある。発売予定日は11月29日。

収録されるのは全12曲で、ヒップホップ、ガレージ~ハードコアパンクといった彼らのルーツが色濃く反映されたもの。ギターのTom Morelloはこのアルバムについて、以前LAUNCHにこう語っている。
「今演ってるカヴァー曲は基本的に全てRageの新曲だと思ってるよ。全く別の音楽になってるからね。全くオリジナルのRage Against The Machineの曲に“Maggie's Farm”の歌詞がのってるとか、完璧に新しいサウンドの“Street Fighting Man”だったりするんだ」

曲目リストは以下のとおり。

1. Pistol Grip Pump (Volume 10)
2. Street Fighting Man (Rolling Stones
3. Maggie's Farm (Bob Dylan
4. Beautiful World (Devo
5. Microphone Fiend (Eric B & Rakim)
6. I’m housin' (EPMD)
7. Kick Out the Jams (MC 5
8. In My Eyes (Minor Threat)
9. Renegades of Funk (Afrika Bambaataa
10. How I Could Just Kill a Man (Cypress Hill
11. Down on the Street (Stooges
12. Ghost of Tom Joad (Bruce Springsteen
(順不同)
この記事をツイート

この記事の関連情報