ShakiraM、P!nk、Backstreet Boysなど、人気アーティストのヒットを収めたコンピレーション『The Now That's W..."> ShakiraM、P!nk、Backstreet Boysなど、人気アーティストのヒットを収めたコンピレーション『The Now That's W...">

『Now』コンピレーション、ジェイZ/R.ケリー、ルイス、バフェットがチャート上位を独占

ツイート
U2P!nkBackstreet Boysなど、人気アーティストのヒットを収めたコンピレーション『The Now That's What I Call Music』が、Billboard 200アルバム・チャートで初登場1位を獲得した。41万9000枚を売上げ、同シリーズで4番目に1位を獲得したアルバムとなった。

一方、今週は初登場が3作品もあり、トップ10チャートを大きく揺るがした。Jay-ZR.Kellyの共演アルバム『Best Of Both Worlds』が初登場2位、新人R&Bアーティスト、Glenn Lewisのデビュー・アルバム『World Outside My Window』が4位、そしてロック界のカルト・ヒーロー、Jimmy Buffettの最新アルバム『Far Side Of The World』が5位を記録した。

先週1位を獲得したサウンドトラック『O Brother, Where Are Thou?』は3位を獲得し、先週のトップ5の中で唯一トップ5内に生き残った。また、Alan Jacksonの『Drive』は3ランク・ダウンして6位、Linkin Parkの『Hybrid Theory』は1ランク・ダウンで7位を記録し、74週連続チャートインを果たした。

その他、Alanis Morissetteの『Under Rug Swept』が8位、Ludacrisの『Word Of Mouf』が9位、P!nkの『Missundaztood』が10位を獲得している。

トップ50に初登場したその他の作品は、MobyGorillazEveBusta Rhymesをフィーチャーしたサウンドトラック『Blade II』が26位、Ol' Dirty Bastardの『Trials & Tribulations Of Russell Jones』が33位、Darren Hayesの『Spin』が35位、SlipknotMarilyn Manson、Ademaをフィーチャーしたサウンドトラック『Resident Evil』が40位をそれぞれ記録している。

Neal Weiss, Los Angeles LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報