ショーン・ポール、ブラック・アイド・ピーズらがグラミー賞でライヴ・パフォーマンス

ツイート
第46回グラミー賞にて、新たにショーン・ポールブラック・アイド・ピーズがライヴ・パフォーマンスを行なうことが決定した。

グラミー賞の公式サイトGRAMMY.comが1月21日に発表したところによると、第46回グラミー賞での新たなパフォーマンス・アーティストのラインナップに、カントリー・シンガー、マルティナ・マクブライトと共にショーン・ポール、ブラック・アイド・ピーズが加わった。

パフォーマンス・アーティストとしては既にジャスティン・ティンバーレイククリスティーナ・アギレラアウトキャスト、ジョージ・クリントン&パーラメンツ(ファンカデリック)、アース・ウィンド&ファイアーの参加が発表されており、昨年のアメリカ音楽シーンを反映するかのように、よりダンス・ミュージック(ヒップホップ、R&B、レゲエ)色の強いラインナップになっている。

また、今回のグラミー賞にはネプチューンズのファレル・ウィリアムスが6つ(4部門)ノミネートされており、活躍が注目される。

なお、グラミー賞授賞式は2月8日にLAのステイプルズ・センターにて開催される。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報