リル・キム、DVDでの映像無断使用で訴訟を起こす

ツイート
偽証罪による実刑判決で9月より刑務所へ入ることになっているリル・キムが、以前所属していたグループ、ジュニア・マフィアのメンバー、リル・シーズを映像の無断使用などで訴える裁判を起こしたと、AP通信が報じている。

7月18日にニューヨーク・マンハッタンの裁判所へ提出された訴状によると、リル・シーズが現在発売の準備をしているDVD『The Chronicles of Junior M.A.F.I.A. Part II: Reloaded』の中で、リル・キムの許可無く彼女の名前、映像、写真などを使用しているとして、損害賠償金600万ドル(約6億6,000万円)を要求している。リル・キムの偽証罪の裁判ではリル・キムの偽証を裏付ける証言も行なったリル・シーズだが、DVD『The Chronicles of Junior M.A.F.I.A. Part II: Reloaded』では、この裁判に関するジュニア・マフィアのメンバーのインタビューなども収録しているという。

なお、リル・キムはビジネス面での相違などから、'01年にジュニア・マフィアを脱退している。

K.Omae, LA
この記事をツイート

この記事の関連情報