レディオヘッドのメンバーと元パルプのジャーヴィス・コッカーが、カナダのフォーク・グループから訴えられている。レディオヘッドのジョニー・グリーンウッドとフィル・セルウェイ、そしてコッカーの3人は映画『ハリー・ポッター』シリーズの最新作『Harry Potter And The Goblet Of Fire』でThe Wyrd Sisters(パーティ・シーンに登場するバンド)として出演する予定だが、このバンド名に問題があるらしい。

dotmusicによると、カナダで15年活動を続ける同名バンドThe Wyrd Sistersが、トレードマーク侵害で彼らとワーナー・ブラザーズを訴えたという。実物のWyrd Sistersのメンバーは、映画の1シーンがバンドの未来を台無しすると申し立てているそうだ。「わたし達、映画が公開されたすぐ後にアメリカやオーストラリアでツアーを行なう予定なのよ。みんな、わたし達を『ハリー・ポッター』の登場人物の名前を取ったヘンテコリンな奴って思うに違いないわ」

彼女たちは、ワーナー・ブラザーズから提示された5万ドル(およそ570万円)の和解金を断ったという。「この10年で、いくらバンドにつぎ込んだと思ってるの? 100万ドル以上よ。5万ドルなんて侮辱以外のなにものでもないわ」

dotmusicによると、レディオヘッドのマネージメントは「ジョニーとフィルはThe Wyrd Sistersとして映画に出演するよう頼まれています。でも、このカナダのバンドが出てきたから、この名前は使えないかもしれませんね。彼女たちは名前の問題を理由に訴えてるようですが、ほんとの話、お金が欲しいだけでしょう」とコメントしたという。

Ako Suzuki, London