昨年の今日(12/8)、米オハイオ州で元パンテラ/ダメージプランの名ギタリスト、ダイムバッグ・ダレルが演奏中にステージ上で殺害された(https://www.barks.jp/news/?id=1000004252)。1周忌を迎える今週、全米の主な都市でミュージシャンやファンによる追悼イベントが開催されている。7日にはロサンゼルスのラジオ局が2時間の特集番組を組んだ。9日には事件が起きたオハイオ州で追悼イベントが行われる。また、今週末にはニューヨークでトリビュートイベントが予定されている。ダレルが死亡した8日は、奇しくもジョン・レノンの命日だった。

30以上ものバンドが彼を偲ぶメッセージを寄せる中、今年5月に来日したザック・ワイルド(ブラック・レーベル・ソサイアティ)はMTVのインタヴューで「ダイムと一緒にいると退屈することがないんだ。地上でいちばんクールな奴だった。彼は素晴らしいギタリストである前に、素晴らしい人間だった……」と話し、凶弾に倒れた仲間を偲んだ。彼はまた、ダラス・モーニング・ニュースに「神が存在することの証明」とさえ語っている。

ダメージプランは'04年に『ニュー・ファウンド・パワー』をリリース。来日公演を行なった。

T.Kimura