BSSとSTARS、カップリング来日ツアーが決定

ツイート
▲ブロークン・ソーシャル・シーン
▲スターズ
アーケイド・ファイアの世界的ブレイク以降、一層の盛り上がりを見せるカナダのオルタナティブ・シーン。その中心的インディー・レーベル“Arts&Crafts”の創設者:ケヴィン・ドリュー率いる“カナダ・オルタナティブ・シーン最後の大物”と呼ばれるバンドが、ブロークン・ソーシャル・シーン。

そして、Arts & Craftsレーベルを代表する、モントリオール出身のバンドがスターズ。

このブロークン・ソーシャル・シーンとスターズによる豪華カップリング来日ツアーが決定した。チケットは12月15日(土)発売。

2008年3月5日(水):心斎橋CLUB QUATTRO
2008年3月6日(木):LIQUIDROOM ebisu

BROKEN SOCIAL SCENE presents Kevin Drew
◆「バックト・アウト・オン・ザ・コック」PV
 https://www.barks.jp/watch/?id=1000019700
◆「Farewell to Pressure Kids」試聴
 https://www.barks.jp/listen/?id=1000019813
◆「Fucked Up Kid」
 https://www.barks.jp/listen/?id=1000019814
◆「Lucky Ones 」
 https://www.barks.jp/listen/?id=1000019815
◆「Backed Out On The... 」
 https://www.barks.jp/listen/?id=1000019816

地元トロントを拠点にメンバー不定形(iPod nanoのCMで話題のFEISTも含む)の大所帯バンドとして活動するブロークン・ソーシャル・シーン。FUJI ROCK FESTIVAL'06での来日も果たしている彼らだが、2007年に待ち望まれた単独公演は、ブロークン・ソーシャル・シーンとしての活動の休止により、残念ながら実現に至らなかった。しかしながら、ケヴィンを中心としたその仲間たちによる“BROKEN SOCIAL SCENE presents Kevin Drew”なるソロ名義のアルバム『Spirit If…』が2007年9月19日にリリースされたのは、ご存知のとおり。

そのアルバム『Spirit If…』には、FEIST(※フジロック'07 のFEISTのステージではケヴィンが飛び入りし、ブロークン・ソーシャル・シーンの曲を披露していた)や、ブロークン・ソーシャル・シーン人脈はもちろんのこと、ダイナソーJrのJ.マスキスや、ペイブメントのスコット・カンバーグらも参加し、独創性溢れる作品に仕上がっている。ちなみに『Spirit If…』は、ビルボード・ヒートシーカーチャートとオルタナティブ・アルバム・チャートで見事1位を獲得し、北米でのBROKEN SOCIAL SCENEの根強い人気を証明してくれた。

そんなケヴィンのソロ活動を経て、2008年、ブロークン・ソーシャル・シーンがバンドとして復活を果たすのだ。一方スターズも、自他共に認める最高傑作との呼び声の高い『In OurBedroom After The War』を10月17日にリリースしており、今最も油の乗っている状況にある。

カナダのオルタナティブ・シーンを代表する彼ら、お見逃しなく。
この記事をツイート

この記事の関連情報