melody.、「遥花~はるか~」特集内インタビュー

ツイート

――今回のシングル「遥花~はるか~」は、ドラマ「だいすき!!」の主題歌ですね。

melody.:はい。ドラマの主題歌というお話をいただので、そのイメージに合うような曲を選んだんです。原作の漫画を読んだりして、どんなドラマになるのか想像しながら選びました。

――色々な曲の中から選んだそうですが、白鳥マイカさん作詞作曲のこの曲に決めた理由は?

melody.:歌詞ですね。歌詞がすごくよかった。漫画に出てきた言葉が歌詞になってるところもあって、ストーリーの世界に近いと思いました。それだけじゃなくて、この漫画を知らない人が聴いても共感できる内容だと思うんです。そしてメロディとか曲はシンプルなのにすごく耳に残る。もうこれしかないなと思いました。

――漫画に出てくる言葉ってどんな言葉?

melody.:“ぎゅっと”っていうところが印象的でした。主人公の柚子ちゃんが“ぎゅっとしてくれないの?”ってよく言う。それがそれがサビの頭に来てるのがすごく印象的でしたね。

――その言葉は、このドラマの世界を一番よく表わしているのかもしれないですね。

melody.:そう思います。“抱きしめたい”というすごくストレートな言葉で、この気持ちは誰にでもわかると思います。大好きな人に対して“離したくない”とか“愛してる”って思ったときに“ぎゅーっと”したくなる。もちろん自分の子供に対する気持ちとかもそうだし、色々なところで思うことなので、みんながそれぞれのシチュエーションで共感できる言葉なんだと思います。

――そんな気持ちを込めたこの歌をどんな想いで歌ったの?

melody.:実はこの曲は色々な歌い方を試してみたんです。すごくさらっと歌ったり、すごく感情を込めて歌ったり。何日もかけてスタジオで何回も何回もやって、最終的には優しい歌い方がいいなと。素直で優しくて切ない感じがあって、でも強さがあってっていう、バランスをとるのが難しかったですね。

――この歌ならもっと気持ちを強く込めた歌い方もありそうだけど、優しく歌っているから気持ちがより伝わるように聴こえますね。

melody.:この曲って、歌ってるとどんどん感情が入っていっちゃうんです。もっとエモーショナルに、もっと強く歌う方法も確かにあったと思うけど、今回私が出したいと思ったのは優しさだったんです。自己主張しすぎるよりは、優しさやあたたかさを出したいと思ったので、こういう歌い方になったんです。

――でき上がった曲を聴いたときの印象は?

melody.:この曲、自分の中では新しいチャレンジをしてみた曲だったんです。だから出来上がりは今までとは違っていたけど、それは今までの殻を破って新しいことができたということなんだと実感しました。そういうところがうれしかったですね。

――今までと一番違うと思うのはどんなところ?

melody.:やっぱり音かな。今まではダンス系のビートとか打ち込みが多かったんだけど、今回はちょっと違う。去年のアルバム『Ready to Go』ができ上がったあとの打ち合わせで、次はどうしようかという話をしてたんです。そのとき、『Ready to Go』までの3枚のアルバムで、これが自分だ、これが私らしさだ、という表現ができたから、次は全然違うことをやってみたいという話をしていたんです。それまではライヴも、DJがいたり、ダンサーと一緒に踊りながらっていう見せ方だったんだけど、次はバンドと一緒に生でやってみたいと思っていたんですね。それでこういう方向性を考えていたんです。

――そういう方向を考えていたところに、今回のドラマの話が来たわけですね。

melody.:そうですね。だからタイミングがすごくよかったと思います。そう考えていなければ、このドラマに合うようなこういう曲ができなかったかもしれないし、ドラマの内容によってはやっぱりダンス系っていうことになったかもしれないし。

――実際にドラマは見ましたか?

melody.:はい。第一回目を見たばかりです。この曲はエンディングで使われるんですけど、それ以外にも最初のタイトルのところにイントロが流れたり、途中でサントラとして使われたり、けっこう何度も耳に入ってくるのですごくうれしかったです。見てたら、曲がドラマにフィットしてるなというのがすごく実感できましたね。でもそれ以前にドラマそのものがすごくよくて、最初の5分くらいのところから泣き始めちゃった(笑)。悲しくて切なくて何回も泣いちゃいました。香里奈ちゃんの演技もすごくよかったし、彼女のお母さんの気持ちもすごく伝わってきました。

――自分の大事なもの、大切な人のことを思い浮かべるようなこの曲は、ホントにドラマにぴったりだったけど、melody.さん自身はこの曲を歌うとき、どんなことを思い浮かべましたか?

melody.:このドラマのメインのテーマは、子供に対する愛ということなんだと思います。でも自分はまだ子供がいないし、どこまで理解できるのかな、きっと想像もできないんだろうなと思ってました。でも逆に、私のママが私に注いでくれてた愛を思い浮かべたら少しわかったような気がしましたね。私がどんなにわがままを言っても、どんなに“大嫌い!”って言っても、いつもずっと見守ってくれていましたから。だから、思い浮かべたものっていうと、自分の家族に対する愛ですね。私には9歳下の妹がいるんですけど、彼女が生まれた日のことからすべて覚えてるし、いつも一緒に遊んで、泳ぐのも私が教えてたんです。子供を育てるっていう気持ちはこれに近いのかな。自分も早くお母さんになりたいな、なんて思ったりしました。

この記事をツイート

この記事の関連情報