より子、未来の白衣の天使にエール、看護学校で歌のプレゼント

ツイート
今年の1月16日に3枚目となるアルバム『願う』をリリースしたより子。昨年11月にテレビ東京系音楽ドキュメンタリー番組『みゅーじん/音遊人』で特集されたときには、オフィシャルサイトがパンクするほどの反響と多くの感動を呼んだ。

そんな彼女が、3月3日に社会保険中央看護学校にて、3月7日にはJR東京総合病院高等看護学校の卒業記念イベントにてライヴを行なった。『みゅーじん/音遊人』の番組内でも語っていたように、幼少期に小児ガンを患い、長い入院経験のある彼女は「お医者さんは病気を治してくれるけれど、看護師さんは不安や怖さから自分を守ってくれる、無くてはならない存在」と看護師に対して強い感謝を抱いている。

今回のライヴは、病気の再発を経て発売した今回のアルバム『願う』で、「誰かのために歌いたい」という思いが一層強くなっていた彼女が、アメーバスタジオで視聴者の願いを叶える企画を行ない実現した。

3月7日に行なったJR東京総合病院高等看護学校の卒業記念イベントでは、「ほんとはね。」を含む5曲をキーボードの弾き語りで披露。自身の小児ガンでの闘病経験から「これから命の現場に出て行かれる看護師の皆さんは、患者にとってはお母さんのような役割。身体を直してくれるのはお医者さんだけれど、その治療時の心を支えてくれるのは看護師さん。私も入院中は精神的につらいこともあったけれど、そのたびに看護師さんに助けられました。患者にとっては看護師さんはとても大事な大切な、なくてはならない存在なんです。がんばってください!」とエールを送った。

実際に病気を経験した彼女だからこそできた「生きる」という歌に込められたメッセージに、看護師の卵達は心を動かされ、会場は涙する人で溢れた。ライヴ終了後は生徒ひとりひとりと握手をするなど、春から医療の現場で働く生徒達に、歌と言葉でパワーを与えた。

今後より子は、4月6日の札幌KRAPS HALLを皮切りに、全国6都市を廻るツアーを行なう。

4月6日(日)札幌KRAPS HALL
4月12日(土)福岡ROOMS
4月18日(金)名古屋TOKUZO
4月19日(土)大阪・南堀江knave
4月20日(日)大阪・南堀江knave
4月27日(日)静岡LiveHouse浜松 窓枠
4月29日(火・祝)東京DUO MUSIC EXCHANGE

より子 オフィシャル・サイト
http://www.yorico.jp/
この記事をツイート

この記事の関連情報