岡野宏典、ハンドボールの宮﨑大輔選手とコラボ

ツイート
北京五輪予選で日本全国に夢と感動を与え、ハンドボールを全国に広めようと「ハンドボールをメジャー化」宣言して積極的にPR活動にいそしんでいる宮﨑大輔選手が、新人シンガーソングライター・岡野宏典とコラボレーションを行なった。

2月27日にリリースされた岡野宏典の2ndシングル「フォトグラフ」のプロモーション・ビデオに、宮崎選手が写真で出演。PV制作時期とハンドボール北京五輪予選が被っていたことから、宮崎選手に関心をひきつけられていた岡野とスタッフが出演交渉。岡野と同い年の宮崎選手は、自分の楽曲をメジャーにしたいという岡野の思いと、ハンドボールをメジャーにしたいという自身の思いがジャンルは違えど同じだと感じ、出演を快諾した。

宮﨑選手は、「とてもいい曲で素直に感動しましたし、音の中で流れる自分の写真を見ていたら、いろんな思い出が蘇ってきました。岡野さん、ジャンルは違いますが、お互いトップの成績を収めれるよう、これからも切磋琢磨して頑張っていきましょう。最後に、たくさんの方々に、このプロモーションビデオが見てもらえることを願っています」と岡野へのエールも込めてコメント。

岡野も「自分は体を動かすことが好きということもあって、スポーツへの憧れがあります。なので今回、宮﨑選手の躍動的なお写真でビデオクリップを作ることができて、とても嬉しいです。自分が歌うシーンをカットして、もっとお写真を見たい! と思ったのが正直な感覚でした。宮﨑選手の御活躍を陰ながら応援しています。自分も頑張ります」と喜びのコメントをしている。

宮﨑選手が出演しているこのPVは、ユニバーサルミュージックの岡野宏典公式ページにて3月31日まで見ることができる。

ユニバーサルミュージック・岡野宏典公式ページ
http://www.universal-music.co.jp/okano_hironori/
この記事をツイート

この記事の関連情報