オジー・オズボーンが、印税の支払いをめぐりブラック・サバス時代のバンド・メイト、トニー・アイオミ(G)を訴えた。オジーは、アイオミがバンド名の使用権利を独占すると主張していることに不満を示している。

アイオミは、オジーが80年代にバンド名の使用権利を法的に放棄したと主張、90年代にブラック・サバスの名前でツアーを行なっただけでなく、2000年にアメリカでブラック・サバスを登録商標している。オジーは、その登録商標の共有権、利益損失、賠償などを求めているそうだ。

BBCによると、この訴訟に関しオジーは以下のような声明を発表したそうだ。「トニー、君を訴えるところまで行かなくてはならなかったのは残念だ。俺たち全員、長いこと一生懸命働いてきたわけで、自分らの顔、ブラック・サバスのアルバム・カヴァー、バンド・ロゴをフィーチャーした商品を君に売らせるわけにはいかない。その版権を自分だけが所有してるって言うのか」

オジーは、4人のオリジナル・メンバーが平等にブラック・サバスの名前使用権利を持つはずだと主張している。またオジーの弁護士も、オジーが名前の権利を放棄したという説に異議を唱えている。万が一そのような約束をしていたとしても、バンドにおけるオジーの役割は大きいとしている。

オジー側は火曜日(5月26日)、ニューヨークの連邦裁判所にて訴訟を起こしたという。

Ako Suzuki, London