ベルリン・フィルから日本のリスナーへ感謝のメッセージ

twitterツイート
サイモン・ラトル指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団によるブラームスの交響曲全集が日本発売となった。

最もドイツらしい音楽であるブラームスの交響曲は、かつてもフルトヴェングラーやカラヤンなど歴史に名を残す偉大なマエストロがベルリン・フィルとともに名演奏を残してきたが、今回のリリースはその偉大な歴史に新たな1ページを加えることとなったもの。しかもこの作品は、日本盤のみ特別仕様&特別価格。交響曲全集を収めた3枚のCDは高音質なHQCD、その上でこれら全ての演奏映像とメイキングやインタビューなどを2枚のDVDに収めた豪華仕様も日本盤だけのもの。価格も6,000円と破格の設定だ。

ここには、ベルリン・フィルから日本のファンへの感謝の気持ちが込められているという。ベルリン・フィル首席チェロ奏者でメディア部門代表を務めるオラフ・マニンガーから、以下のようなメッセージが届いているのだ。

「日本とベルリン・フィルは1957年のカラヤンとの初来日公演以来、長い友好関係を築いています。ベルリン・フィルは現在[デジタルコンサート・ホール]と呼ばれるwebメディアを使ってコンサートを配信するという、ベルリン・フィルの歴史に於いても新しい試みを行っていますが、日本のファンはここでも我々を力強く支えてくれています。というのは、我々が予想した通り、現在ドイツ国外でこのポータルを最も多く利用しているのは、日本のファンだからです。このwebサイトでは、ベルリン・フィルハーモニーで行なわれるほぼ全ての演奏会が、ハイビジョンの映像と最高の音質で楽しんでいただけます。これにより、以前にも増して我々の新しい音楽の旅を身近に感じていただき、我々のファミリーに加わっていただけるのです。日本のファンの皆さまには今後もこうしたメディアを通じて我々の演奏に触れていただければと思います。」

クラシック界に名を残す歴史的な名盤を、日本のファンだけのための特別仕様で発売。ちょっとだけ誇らしい気持ちになるではないか。是非お手元にどうぞ。

サイモン・ラトル指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
『ブラームス:交響曲全集』
2009年8月5日 日本先行発売 高音質HQCD3枚組+DVD2枚
TOCE-90097~9 特別価格6,000円(税込)
CD1:交響曲第1番ハ短調作品68
CD2:交響曲第2番ニ長調作品73&第3番ヘ長調作品90
CD3:交響曲第4番ホ短調作品98
DVD(2枚組み):交響曲全4曲の演奏シーンやインタビューなどを収録(約187分)
◆サイモン・ラトル・オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon