次世代ヴィジュアル系が集結したカウントダウン

ツイート
何と蜉蝣の「夕暮れの謝罪」。狂喜のヘッドバンキングが咲き乱れ、大佑の絶叫を残響にパフォーマンスは終わった。

イントロで気付いたオーディエンスが歓声を挙げはじめる。幕が開いて登場したのはlynch.。まずは2009年にリリースしたアルバム『SHADOWS』でもオープニングを飾っていた「LAST NITE」だ。続いて空気は一転、ヘヴィな「I'm sick,b'cuz luv u.」。「聴かせてくれ!」とオーディエンスの声を求める葉月(Vo)。MCでも葉月は「席とか今日はあるけど、二階席を落としましょう」と大胆不敵に言い放つ。そして、「unknown lost a beauty」では跳ばせたり手を叩かせたり、どんどんオーディエンスを巻き込んでいく。ラストは、一体となるには相応しい「Adore」。最後、玲央(G)は高々とギターを掲げて、満足げに去っていった。

幕が閉まっているサウンドチェックからコール&レスポンスして、思い切り次の出番だとバレバレだったのはheidi.。しょっぱなから「泡沫」で一斉に揃った手拍子に、思わず義彦(Vo)も笑顔。続く「ハロー!」では、「さぁ、みんなで歌おうか!」と義彦が叫び、歌声が広がっていく。「恍惚」では、オーディエンスの歓声に、まだまだとばかりにコースケ(B)が首を振る場面も。そして「さぁ渋谷、バカになろうぜ」という義彦の言葉からはじまったのは「センチメンタル」。オーディエンスも弾けるように笑顔で踊る。4人が演奏中に見せたたくさんの素直な笑顔が、会場中の人の気持ちを代弁していたと思う。

続いてはダウト。SEに合わせた手拍子に迎えられて、羽織袴姿の5人が登場。1曲目は「太刀風横町」。幸樹(Vo)が手をぐるぐる回すと、客席もそれに続く。さらに荘厳なイントロが流れだし、椎名林檎のカヴァー「歌舞伎町の女王」がスタート。ダウト流のダークなアレンジに聴き入るオーディエンス。その後は幸樹が、ビニール傘の上でゴムボールを回したり、ゴムボールを二階まで投げようとする…が、ぶつかってPA卓付近に落ちてきてしまった。残念。それを挽回すべく(?)、アグレッシヴに「刺青-tatto-」、「シャングリラ」と駆け抜ける。最後は三三七拍子で締めるという、とても大晦日らしいエンディングとなった。

次は、今日2組目のセッション。しかし、セッションとはいえ、YUKI(Mix Speaker's,Inc.) 、義彦(heidi.)というヴォーカリスト二人と、ピアノのテロ(ヴィドール)という編成。そして歌い始めたのはUVERworldの「君の好きなうた」。黒いスーツ姿で、しっとりと歌い上げる二人。その後のMCでは、YUKIが「これは僕の趣味です」と笑顔で説明。続いて、「2人のヴォーカルと言えば…」と言って披露したのはkinki kidsの「もう君以外愛せない」。ラヴバラード二連発の、甘いひとときだった。

ネクスト・アクトはSadie。「迷彩」がスタートすると、あっという間にコブシとヘッドバンキングの嵐が巻き起こっていく。「VIRTUAL FAKEMAN」では、剣(G)と美月(G)がぐいぐい前に出て、オーディエンスを挑発。さらにSEを挟んではじまったのは、12月30日にリリースされたばかりの『Gain』から「ever」。その後は、真緒(VOICE)が微動だにせず客席を睨みつけて「心眼」へ。最後は、景(Dr)の力強いドラムから、剣、美月、亜季(B)がずらりとステージ前方に出てきてはじまった「陽炎」でフィニッシュ。「最後に、声を聞かせてくれ!」と、何度も叫ばせて、その熱狂に頷く真緒。一人一人が頭を下げたり、感謝を述べたりしながらステージを降りていく姿が清々しかった。

赤い光の中、幕が開き、三組目のセッションが登場。ヴォーカルがガラ(メリー)、ギターがミヤ(ムック)とナカヤマアキラ(plastic tree)、ベースが愁(ギルガメッシュ)、ドラムが佐藤ケンケン(plastic tree)という面々ではじまったのは、KORNの「twist」。ガラが上半身裸で豪快に歌い上げる。続いてもKORNの「chi」。ガラ流な歌い方と、本家もびっくりのヘヴィネスとの
この記事をツイート

この記事の関連情報