ノエル・ギャラガー、ソロでチャリティーイベントに2夜出演

ツイート
ノエル・ギャラガーがオアシスを脱退してから初めてのコンサートに出演する事を発表した。

弟のリアムとのいざこざの後8月にバンドを脱退したノエルは、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで3月に毎年1回行なわれるチャリティーコンサート<ティーンエイジ・キャンサー・トラスト>に2夜出演する事を承諾した。

このチャリティーイベントに出席するのは5度目で、これまでイギリスで最高のパフォーマンスを行なったことのあるイベントだという。「10年前にロジャー・ダルトリーから第1回目のチャリティーに参加しないか連絡を貰ったんだ。この素晴らしいチャリティーに参加出来る事を誇りに思っているんだ。イギリスのステージで最高の夜を何度も経験したよ」。

このチャリティーの主催者でザ・フーのフロントマン、ロジャー・ダルトリーは3月のノエルの参加を楽しみにしている。「これは素晴らしい事だよ。大喜びしているんだ。これがノエルが出演する唯一のショーだからね。特別な夜になるよ」。ノエルの他には、アークティック・モンキーズ、ザ・スペシャルズ、ザ・フー、ゼム・クルックド・ヴァルチャーズ、スエード、JLSが出演する。ロジャー・ダルトリーはこのラインナップにとても満足している。「子供たちはどこからか何かを始めなくてはいけない。JLSはそんな若者のために出演してもらう。音楽の専門家たちは彼らの出演を馬鹿にするだろうけどそんな人たちはこのチャリティーに関係ない。」

イギリスの病院における小児がん新設のためのチャリティーは過去10年間寄付を募り、病気に対する意識を投げかけてきた。「2000年にザ・フーが最初に一緒にこの素晴らしいチャリティーに参加して募金を呼びかけると決まった時、このショーが本当に目的を達成出来るかどうか見当もつかなかったよ。でもこの過去10年間で870万ポンドも募金を集める事が出来て、イギリス全国で9つもの小児がん施設を設立する事が出来たんだ。」

2月17日にデペッシュ・モードが2010年のイベントの初日を飾り、イベント10周年を祝う。主催者であるロジャー・ダルトリーのいるザ・フーは最終日の3月30日に出演し、『四重人格』を披露する。

2010年のティーンエイジ・キャンサー・トラストの出演者は以下のとおり。

2月17日:デペッシュ・モード
3月22日:ゼム・クルックド・ヴァルチャーズ
3月23日:ジミー・カー、ノエル・フィエルディング、ロッド・ギルバード
3月24日:スエード
3月25・26日:ノエル・ギャラガー
3月27日:アークティック・モンキーズ
3月28日:JLS
3月29日:ザ・スペシャルズ
3月30日:ザ・フー

BANG Media International
この記事をツイート

この記事の関連情報