ガールズ、「作り終えたときにはすごく興奮もしたよ」

ツイート
9月7日にガールズの2ndアルバム『ファーザー・サン・ホーリー・ゴースト』がリリースとなる。ポップで刹那的で美しく破壊的でもあるけがれなきGIRLSの世界観を生み出した、クリストファー・オウエンスとチェットJRホワイトの二人に話を聞いた。

◆「ヴォミット」PV映像

──アルバムを作り終えた感想は?

JRホワイト:ホッとしたよ。あと、作り終えたときにはすごく興奮もしたよ。完成した直後はとにかく気分が良かった。自分達が満足できる作品を作ろう、ということだけを考えて作業して、結果、その通りに出来上がって本当に嬉しかったんだ。今はツアーに出るのが楽しみなんだ。

──2枚目のアルバムということを意識しましたか?

JRホワイト:特に意識してはいないね。僕たちの場合、基本的にひとつひとつの曲がそれぞれ独立しているから、アルバム自体にこれといったテーマはないんだ。僕たちにとって大切なのは、コンセプトを持たないことなんだよ。僕もキャリアにおいてセカンド・アルバムが重要っていうのは聞いた事がある。僕たちも最初のアルバムの評価は良かったけど、ファーストを超える何かを作らなくては、みたいには思わなかった。確かにプレッシャーはあった。でもそれは、批評家に対するプレッシャーじゃなくて、ミュージシャンとしての自分達に対するプレッシャーだったんだ。

──なぜこのようなアルバムのタイトルにしたのでしょうか?

クリストファー・オウエンス:聖書からの引用なんだ。アメリカ人は誰でも知ってる御馴染みの言葉なんだよ。イエスと精霊と神は三位一体という意味。で、作品にはOrigin(原点)とIdentity(アイデンティティ)、そしてSpirit(魂)がある。だから、僕にとってFather、Son、Holy Ghostの3つは、原点、アイデンティティ、魂を意味している。うまく説明できないけど、これがタイトルの意味なんだ。

──アルバムのジャケットはどんなことを意識して制作されたのでしょうか?

クリストファー・オウエンス:どの曲の歌詞もとても重要なんだ。だからカヴァーにのせている。曲は歌詞を動かす為の車輪でしかない。歌詞は僕にとってすごく大切で時間と頭を使う。メロディは既に頭の中に存在しているから、あまり考えなくてすむんだけど、歌詞には本当にこだわるんだ。力強く、きちんと意味を持って、複雑でなくシンプルであるように心がけている。

──なぜ「ハニー・バニー」や「マイ・マー」のような母に関する曲を歌ったのでしょうか?

クリストファー・オウエンス:僕はこれらの曲でお母さんに対する自分の気持ちを認めてるんだ。僕とお母さんの関係は本当に複雑なんだよね…。今、僕は、母親ともっと近くになれたらいいのに、と願っている。恋しいってことを彼女に言いたいんだ。自分の人生に母さんが必要だってね。

──Girlsの次の目標はなんですか?

JRホワイト:常に自分たちが作品を作る度に満足できてればそれだけいいよ。

9月7日に日本先行発売となる『ファーザー・サン・ホーリー・ゴースト』日本盤は、タワーレコード(オンライン除く)で購入すると、先着で“海外オリジナルデザインB2ポスター”がプレゼントされる。特典がなくなり次第終了となるものだが、さらに“ガールズ・オリジナルTシャツ”が当たる抽選会も実施されるので、お見逃しなく。

●ガールズ店頭抽選会
ガールズ『ファーザー・サン・ホーリー・ゴースト』(YRCG-90062)をタワーレコード(下記実施店)で購入すると“GIRLSオリジナルTシャツ”が当たる店頭抽選会に参加できます。(※オンラインでは注文した方の中から抽選でプレゼント)
■対象期間:特典がなくなり次第終了
※オンラインは9月15日23:59注文分まで(予約も対象)。
■実施店舗:札幌ピヴォ店 / 仙台パルコ店 / 新宿店 / 渋谷店 / 池袋店 / 秋葉原店 / 横浜モアーズ店 / 名古屋パルコ店 / 名古屋近鉄パッセ店 / 京都店 / 梅田大阪マルビル店 / 梅田NU茶屋町店 / 難波店 / 神戸店 / 広島店 / 福岡店 / TOWER RECORDS ONLINE
※Tシャツのサイズはアメリカ・サイズのS。
http://tower.jp/article/feature_item/81721


<ガールズ来日公演>
2011年10月27日(木)
@Shibuya duo MUSIC EXCHANGE

『ファーザー、サン、ホーリー・ゴースト』
2011年9月7日発売(日本先行発売)
YRCG-90062 ¥2,300(税込)
※解説/歌詞/対訳付
※日本先行発売/日本盤ボーナス・トラック収録
1.Honey Bunny(ハニー・バニー)
2.Alex(アレックス)
3.Die(ダイ)
4.Saying I Love You(セイング・アイ・ラヴ・ユー)
5.My Ma(マイ・マー)
6.Vomit(ヴォミット)
7.Just A Song(ジャスト・ア・ソング)
8.Magic(マジック)
9.Forgiveness(フォーギヴネス)
10.Love Like A River(ラヴ・ライク・ア・リヴァー)
11.Jamie Marie(ジェイミー・マリー)
All songs written and composed by Christopher Owens
Produced by Doug Boehm with Girls

◆ガールズ・オフィシャルサイト
◆BARKS洋楽チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報