スコット・ウェイランド「俺を解雇したのはチケットを売るためだ」

twitterツイート
先週、いきなりストーン・テンプル・パイロッツから解雇通知を受けたスコット・ウェイランド(Vo)が、TMZ.comのインタビューに答え、バンドはチケットの売り上げを伸ばすためにあんな声明を発表したのだろうとの見解を述べた。

◆ストーン・テンプル・パイロッツ画像

空港での突撃インタビューに彼はこう話している。「STPは解散しちゃいない。チケットの売り上げを伸ばそうとしてるだけだ…」「ちゃんと契約にあるんだ。誰もクビにはできないって…。誰もね。(今回のことが)一体なんなのか、わからない。連中とはしばらく話してないが…、あいつらはツアーをやろうとしてるんだ。でも、俺はすでに俺のツアーがあるし…。あいつらは過去に何度もこういうのやってきてるだろ。あいつらの手だよ」

また、「俺は長いこと、なにも悪いことなんかしちゃいない。たまに呑むけど、飲酒運転はしない。俺はちゃんとやっている」と、自身の行ないが解雇につながったとの憶測を否定した。

ウェイランドは現在、Scott Weland & The Wildaboutsとして北米ツアー中。公演ではストーン・テンプル・パイロッツの曲もプレイしているという。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス