プリンス、ツイッターを開始

ツイート
プリンスがツイッターを始めた。ミュージシャンの中でもいち早くインターネットを通じて楽曲をリリースするなど時代をリードしていたものの、これまでツイッターは使用してこなかったプリンスだが、14日(水)にようやくツイートをスタートさせたようだ。

◆プリンス画像

自身がプロデュースを手掛けるサード・アイ・ガールの宣伝もかねてツイッターを始めたというプリンスは「プリンスの最初のツイート...テスト1、2...」と初ツイートした。その後2度目のツイート「プリンスの2回目のツイート」に続いて、3度目にはコショウをかけ過ぎたサラダの写真をアップして、「プリンスの3回目のツイート:ちょっとコショウをかけ過ぎちゃったかな?」とキャプションを添えている。

更に「1回目の自分撮り」としてツイートして、自分で自分を撮った写真を投稿したプリンスだが、顔を映したものではなくどうやら髪の毛のアップだと思われるボヤけた写真を投稿して、よくあるセレブの自分撮りとは一線を画してみせた。

インターネットが主流となってから、ウェブを駆使するアーティストの先駆けだったプリンスは、2001年2月から2006年7月までにはファン・サイト、NPG・ミュージック・クラブも開いていたほか、『C・ノート』『N.E.W.S.』『チョコレート・インヴェイジョン』などを含む数々のアルバムをそのサイトを通してリリースしてきた。

そんなプリンスは以前、インターネットは「時代遅れ」だと発言して話題を呼んでいた。「インターネットはMTVみたいなものだよ。一時はMTVは大流行したけど、急に時代遅れになちゃっただろ」

◆プリンス・ツイッター
この記事をツイート

この記事の関連情報