ポール・マッカートニー、ロンドンでもサプライズ・ギグ

twitterツイート

10月10日にNYのタイムズ・スクエアでサプライズ・ギグを開いたポール・マッカートニーが金曜日(10月18日)、ロンドンのコベント・ガーデンでも同様のパフォーマンスを行った。

◆サプライズ・ギグ画像

ポール・マッカートニーは、ショーがスタートするおよそ1時間前にTwitterで「1時にコベント・ガーデンへ行く用意をしている」と告知。午後1時半に広場に登場し、新作『New』の収録曲「New」「Save Us」「Everybody Out There」「Queenie Eye」「New」(「New」を2回プレイしたため計5曲)を20分にわたりパフォーマンスしたという。

このランチ時のサプライズにはファンや観光客、近くで働く会社員など2,000人以上が集まり、マッカートニーの娘ステラとその子供達の姿も見られた。NYとロンドンでのサプライズ・ギグは、ステラのアイディアだったという。マッカートニーはパフォーマンス後、「すごく興奮した。ちょっと夢の中にいるようだ。ちょっと現実離れしているよ」とBBCに話した。

マッカートニーは同日、市内のレコード店HMVでサイン会も開いている。ニュー・アルバム『New』は今週、UKチャートの3位に初登場した。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報