【月刊BARKS 藤井丈司連載対談『「これからの音楽」の「中の人」たち』】第1回 椎名もた編Vol.4「プロデュース」

ツイート
音楽プロデューサー、藤井丈司による連載対談。第1回目となる10月は10月9日に2ndアルバムをリリースした椎名もた君との対談を全8回に渡ってお送りします。では椎名もた君との対談Vol.4をお届けしましょう。

◆【月刊BARKS 藤井丈司連載対談『「これからの音楽」の「中の人」たち』】第1回 椎名もた編Vol.3「すべてが14才で始まる」

Vol.4「プロデュース」

藤井:で、すぐアップしたものを、CDにまとめて、同人で売ろうと思ったってこと?

椎名:うーん、ツイッターを始めて、みんながどうやってるのかっていうのを、だいたい知り始めたんです。

藤井:ツイッターも始まったか(笑)。

椎名:はい(笑)。それで、ボーマス(THE VOC@LOiD M@STER)っていうイベント、同人即売会が。

藤井:“ボーマス”っていうの?

椎名:“ボーカロイドマスター”で、“ボーマス”って呼ばれてるイベントがあるんですよ。あるんだって知って、じゃあ自分も作ってみようかなっていう、ちょっとした出来心で作り始めて。まあ……初めて自分の自作の盤ができた時は感動しました(笑)。

藤井:それは、するよね(笑)。その、CDを作ったってのは、「ボーマス」の日にちが決まってるから、じゃあここまでに、作って持って行かなきゃみたいな事だったの?

椎名:はい。

藤井:もう締め切りあるのか(笑)。

全員:(笑)。

藤井:CDは、何枚ぐらい作って行ったんですか?

椎名:いちばん最初は300枚作って。

藤井:で、売れたの?

椎名:即完で。

全員:おぉ~(驚)。

椎名:まず1枚目が『セピアレコード』で、2枚目が『AWARD STROBE HELLO』が数千枚はけて。

藤井:へぇ~。それは、次の年ですか?

椎名:はい。『AWARD STROBE HELLO』は15歳の時で。で、次に『セピアレコード リモデル』っていう、『セピアレコード』が絶版になったから、ちょっとリメイクをおりまぜて、再販しようっていう盤が1000枚以上 売れて。次に、16の頃に『alpa』っていうミニアルバムみたいなのを出して。それも1000枚以上ぐらいで、だいたいそれぐらいです。

藤井:それは、1枚いくらぐらいで、売るんですか?

椎名:1枚1000円です。

藤井:1000円か!すごいお金入っちゃうでしょ、14才で。

椎名:あの、浪費癖があって(笑)。全部、機材と漫画に消えました(笑)。

藤井:あぁ、でも、それは活きるんじゃない? その後の創作に。いや、でも14才か…。

曽根原(椎名もた A&R/マネージャー):活きるからいいんですけど、でも、お金があるっていうのがニュートラルだから、お金がないっていうのが、大きな事になってしまうんです。

藤井:デフォルトは、「ある」なんだ(笑)。

曽根原:デフォルトは「ある」なんですよ(笑)。でも、当然、いつかお金はなくなるじゃないですか。じゃあ出しまくればいいだけの話なんですけど、同人で。使い切ったらすぐ出す、みたいな。でもそんなことやってたら、つぶれますよね。だから、お金のあるないで、精神のバランスがすごい崩れてたよね、一時期(笑)。

藤井:へぇ~。

曽根原:14、15、16の話です(笑)。

BARKS編集担当:早熟すぎる(笑)。

藤井:CDを作る時は、アレンジやエンジニアも、全部自分でやるの?

椎名:えっと、まずいちばん売れた『AWARD STROBE HELLO』っていうCDを、例に出して言うと、リミキサーが3人いて、リミキサーさんにギャラをいくらか払って。あとジャケットのイラストレーターとデザイン協力の人がいて、その人たちにもいくらかお礼して。あとは全部自分ひとりです。

藤井:演奏やアレンジは、全部自分っていうことだね?

椎名:はい。

藤井:今回の「アルターワー・セツナポップ」は、椎名もたバンド って書いてあったけど、少し、ドラムとギターとか人に入れてもらってるってこと?

椎名:はい。

曽根原:同人時代までは全部打ち込み、パソコンで完結してたんですよ。で、ファーストの『夢のまにまに』っていうアルバムの時に、「録ってみたい、生オケやってみたい」って言うから、じゃあやるかって。

藤井:早いね(笑)。

椎名:でも、別に生オケじゃなきゃいけないわけじゃないんですよ。「この曲は生を録る、この曲は録らない、この曲は○○だけ録りたい」って、リクエストを言ってみるんです。

藤井:プロデューサーなわけだ。

椎名:はい。

弘石(椎名もた レコード会社&マネジメント事務所/社長):藤井さんも、30年ぐらいプロデューサーを、やってらっしゃるじゃないですか。プロデューサーの仕事って、それは予算管理だったり、曲を誰に頼むとか、ですよね。彼はだから、動画は彼に頼むとか、イラストレーターは誰に頼むとか、予算管理も含めて、いわゆるプロデューサーをやってるわけですよね。それがいわゆる、今で言うボカロPという。

椎名:もともと『アイドルマスター』っていうゲームが発祥らしいですけど。

藤井:そうなんだ。あぁ~。『サカつく』みたいなもんですね。

曽根原:っていうゲームで(笑)。かわいい二次元の絵の女の子が出てきて、それをプレイヤーが好き勝手にプロデュースするっていうゲームです。それがニコニコ動画で人気になって、何何Pっていう名前が付けられて。

藤井:“P”ってつければいいんだっていう話になっていって。

曽根原:まぁ、愛称ですよね。

藤井:じゃあ、その時代はぽわぽわPって言ってたんですか?

椎名:その時代は、ぽわぽわした曲を作りましたって、動画の投稿文に書いたら、ぽわぽわPってついて、いいじゃん、これ、みたいな。タグロックしようって(笑)。

藤井:でも14歳で、すぐマーケットに身を投じるのが、おもしろいよね。

弘石:ちゃんとギャラも設定して払って。

インタビュー&文◎藤井丈司

  ◆  ◆  ◆

続きは次回。連載対談、椎名もた編Vol.5「同世代の絵師と出会う」をお届けいたします。

【椎名もた Information】
2nd Album
『アルターワー・セツナポップ』
2013年10月9日発売
[初回生産限定盤]
UMA-9026~9027 ¥3,000円(税込)
※商品仕様 CD+DVD
三方背スリーブ+ブリキ缶ケース
カード型リリック集 12枚封入
[通常盤]
UMA-1026 ¥2,700(税込)
※商品仕様CD
ジュエルケース
Tracklisting
1.ピッコーン!!
2.MOSAIC
3.パレットには君がいっぱい
4.Q
5.ウソナキツクリワライ
6.forgot me not
7.シティライツ
8.Halo
9.ツギハギ
10.嘘ップ
11.かげふみさんは言う
12.LIVEWELL
13.vanilla flavor piece

◆椎名もた オフィシャルサイト
◆椎名もた オフィシャルTwitter
◆椎名もた 『アルターワー・セツナポップ』特設サイト
◆藤井丈司プロフィール
◆藤井丈司Facebook
この記事をツイート

この記事の関連情報