【2013年をニュースで振り返る】BARKSニュース アイドルTOP10

ツイート

2013年も数多くのアイドルが世間を賑わせました。もはや日本の音楽シーンのメインストリームはアイドル、といっても間違いではないくらいの勢いです。というわけで、BARKSアイドルチャンネル集計による、アイドルニュースのTOP10。

◆BARKSニュース アイドルTOP10(30位まで)

TOP3は、Berryz武道館公演にSUPER☆GiRLSも登場した<a-nation>、モーニング娘。のツアーファイナル。特にモーニング娘。は2013年、各メディアが“再ブレイク”と、こぞって取り上げました。“アイドル界で最も美しいリーダー”・道重さゆみのモーニング娘。在籍日数が歴代1位になったのも2013年。道重さんには、モーニング娘。在籍時最年長記録や、リーダー在籍期間最長記録の更新にも期待しています。

異色なところでは、BiSのスク水ライブなんていうのもありました。記事に飛んでみてください。22歳のプー・ルイのスク水姿がなかなか素晴らしいです。素晴らしいといえば、7位の<a-nation>の開幕セレモニー。レッドカーペットを歩く壇蜜の前かがみも素晴らしいです。

そして忘れてはいけないのが、6位の真野恵里菜×マネティ(真野ちゃんのマネージャー) インタビュー。なぜかベビティ(藤本美貴の子ども)も同席するという摩訶不思議空間で行なわれたこのインタビューは、真野ちゃんがマネティについて思っていること、マネティが真野ちゃんについて考えていることをちょっとだけ覗くことができ、同時に「“真野恵里菜”とは、真野ちゃんとマネティのユニット名でもある」とマノフレ(真野恵里菜ファン)が言うように、ふたりの信頼関係をしっかりと感じ、記事に落とし込むことができたのではないかと。個人的にも満足度の高い1本になったと思っています。

あと8位にランクインしている、つんく♂プロデューサーがハロプロ研修生のイベントで言った「リズムは人生だからね。」という一言。これが、7月から約1ヶ月にわたって実施された「月刊BARKS つんく♂ロングインタビュー」を行なうきっかけになりました(【月刊BARKS つんく♂ロングインタビュー vol.1】「モーニング娘。は1年目の『紅白』で解散宣言するシナリオを考えてた」は12位にランクイン)。


text by ystuji a.k.a.編集部(つ)

1位【ライブレポート】Berryz工房が初の日本武道館公演。やっぱりあなたなしでは生きてゆけない
2位【ライブレポート】<a-nation 2013>最終公演。浜崎あゆみ、氣志團、倖田來未、AAA、May J.…豪華アーティストが夏の終わりを彩る
3位【ライブレポート】モーニング娘。日本武道館公演でツアー完走。道重さゆみの言葉にメンバー涙
4位“今揉めるアイドル”BiS、真冬にラスト“スク水”ライブを開催
5位アメ女の「暦の上ではディセンバー」、歌っていたのはベイビーレイズ
6位【インタビュー】真野恵里菜、マネティとハロー!プロジェクトでの日々を振り返る
7位【イベントレポート】<a-nation island>が開幕。倖田來未、三代目JSB。壇蜜は思わず前かがみ
8位つんく♂プロデューサー、ハロプロ研修生イベントで持論を展開。「リズムは人生だからね。」
9位【イベントレポート】モーニング娘。の新曲が1位発進。道重さゆみ「ここからのモーニング娘。の巻き返しは“倍返し”で!」
10位約4万人動員のハロー!プロジェクト夏公演、いよいよスタート

◆【2013年をニュースで振り返る】BARKSニュースTOP10特集

この記事をツイート

この記事の関連情報