【BARKS編集部レビュー】MPC Headphones、今時珍しい“ダサかっこいい”かっこよさ

twitterツイート

▲AKAIからの初ヘッドホンMPC Headphones。

▲着脱式のケーブルは左右どちらに挿してもOK。

▲フリックアップするので、DJプレイ時も便利。

▲180度まで回すとコンパクトになり持ち運び時に便利。

▲付属品はキャリーケースに標準ジャックアダプタ、2本のケーブル。

AKAIから初のヘッドホンMPC Headphonesが登場した。ミュージシャン、ことキーボーディストや打ち込み屋さん・エンジニア系の人であれば、AKAIを知らない人はおるまい。古くはオープンリール、その後はサンプラーの筆頭ブランドとして、音楽制作やスタジオ/ライブに欠かせない数々の機材を打ち出してきたAKAIだけに、そのブランドを掲げてのヘッドホンの初登場とあらば、諸手を挙げて歓迎のクリエーターも多いことだろう。

◆MPC Headphones画像

メーカーの説明によると、「音楽を探る顕微鏡のごとく、スタジオでのレコーディングやミックス作業において、細部まで精度の高いサウンドを提供するパワフルなヘッドホン」とある。実際その音を聴くと、ワクワクさせるようなエンタメ感はほとんど感じさせないものの、そこにあるものを冷静に実直に描くことに専念する生真面目さに満ち満ちている。迫力の重低音を演出とか、キラキラしているとかエロい…みたいなキャラ付けが全くなく、そこにあるものをあるだけそのまま出すという、呆れるほどの愚直さでできている。サウンドそのものにパワフルという印象は持たないが、ごまかしをしない「私、ヤラセは大嫌い」みたいな頑固さ自体がパワフルだ。

その愚直さはビジュアルにも現れていると思う。他のどのヘッドホンにも似ていないデザインと雰囲気なのだけど、ふと何故か、何かどこか知っているような思いに襲われたりもしていた。マットな質感ながらもギザギザなダイキャストハウジングとメタリックレッドのこの感じ…どこか郷愁をそそるのはどうして?と思いながら愛用していたのだけれど、ふとウルトラ警備隊や地球防衛軍のマークやバッジ、武器、乗り物の硬質さと同じ匂いであることに思い至った。子供向けのエンタメ番組だけど、地球を守る任務を背負っているだけに決してふざけることのない真面目な気質は、ダサかっこいいMPC Headphonesのデザインとそのまま重なって、実直でストイックな肌触りに共感を求められたような気がした。

細かいところを丁寧に描き出す几帳面さもあるのだけれど、神経質なサウンドではない。とは言えノリの良い音でもない。600Hzあたりに小さな共振周波数があるように聞こえるが、その特性こそが落ち着いた真面目さを感じさせる基本体質を生み出している気もする。余計な色気をムンムンと発するようなタイプでもないので、冷静に冷徹に音楽自体を評価することができるのが、MPC Headphonesの最大の強みだと思う。完全なる独断と偏見だが、ドリーム・シアターのレコーディングやミックスなんかは、このMPC Headphonesが最高のパフォーマンスを発揮しそう…といったイメージ。ドリーム・シアターのストイックな実直さも「ダサかっこいいが極まったカッコよさ」の典型だと思うのだけど、MPCシリーズに没頭したような音楽制作にきっちり向き合ったことのある人であれば、その凄さは分かっていただけるのではないか。

とは言え、長所と短所は表裏一体なので、生真面目さ=キャッチーさに欠けるとしてネガティブに捉える人もいるだろう。環境やその時の状況次第で、MPC Headphonesのサウンドを耳にしても、何がいいのかどこが悪いのかも今ひとつピンと来ないまま「んー、別に…」というぬるい第一印象で、食指が動かない状況も目に浮かぶ。その感覚はゼンハイザーのモメンタムにも似て、サウンド的な大きな癖やえぐさを持たないことが吉と出るか凶と出るかは、個々ユーザー次第かもしれない。ただ、しつこいようだが、サウンドは高品質なので、品質自体で期待を裏切られることはないだろう。ちなみにモメンタムよりもミッドが強く肉厚なサウンドなので、実在感のある濃厚さと切れのよい硬質さがしっかりと堪能できる。モメンタムの方が俊敏なハツラツさは上だけれども。

音楽制作現場を想定した密閉型だけあって、遮音性と音漏れに関しては高い完成度をみせている。イヤーパッドも大きめで厚みが十分あるので、耳がすっぽりと埋没するような使い心地だけれど、長時間の連続使用でも痛みや不快さはほとんど感じない。個人差はあるとは思うが、使用感は上々だ。

なお、ハウジングはヒンジ部分が180度フリップアップするので、装着したままで片耳モニターができる。コンパクトに折りたたむための機構ではあるが、DJ用としても便利に使えることだろう。着脱可能なケーブルが左右どちらに挿してもOKという点や堅牢性という意味でも、MPC Headphonesは現場に強いヘッドホンとして頼りになりそうだ。

text by BARKS編集長 烏丸哲也

●MPC Headphones
¥24,800+税
・周波数特性:12Hz~24kHz
・最大音圧レベル:114dB @1kHz
・インピーダンス:16Ω
・ケーブル:約2.1m
・優れた音質、チューニング、周波数特性
・50mmネオジムドライバ採用、クラス最高の音響特性
・ガンメタル・アルミニウム&スチール製
・高い遮音性
・1/8"ステレオミニ標準端子ケーブル&1/4”変換アダプタ
・マイク内蔵のコミュニケーション・ケーブル付属

◆MPC Headphonesオフィシャルサイト
◆BARKS カスタムIEM専門チャンネル
◆BARKSヘッドホン・チャンネル


BARKS編集長 烏丸レビュー(■イヤホン ●ヘッドホン ◆カスタムIEM ◇他)
●Klipsch STATUS(2014-03-30)
●SMS Audio STREET by 50 DJ Pro Performance Headphones(2014-03-23)
◆AK240×カスタムIEM(2014-03-16)

■RHA MA750(2014-03-09)
■Meze 11 Deco(2014-03-02)
◇Astell&Kern AK240(2014-02-22)
◆1964 EARS V6-Stage(2014-02-17)
◆カナルワークスCW-L32V(2014-02-09)

◇EarPeace HD(2014-02-02)
◆Noble Audio Kaiser 10(2014-01-19)
◆Clear Tune Monitors CT-300Pro(2014-01-04)
◇KLIPSCH KMC1(2014-01-01)
■DUNU DN-1000(2013-12-30)

◆Ultimate Ears Reference Monitors(2013-12-16)
◆Ultimate Ears 11 Pro(2013-12-08)
◆earmo Tune5(2013-12-03)
●オーディオテクニカATH-OX7AMP(2013-11-23)
■音茶楽Donguri-欅(KEYAKI)(2013-11-17)

■オーディオテクニカ ATH-IM01~04(2013-10-27)
◇Astell&Kern AK10(2013-10-25)
●フィリップス Fidelio M1(2013-10-22)
◆earmo Tune4(2013-10-12)
◆Ultimate Ears Personal Reference Monitors(2013-10-05)

◆Sensaphonics 2XS(2013-09-30)
■Earsonics SM64(2013-09-23)
◆LIVEZONER41 LZ12(2013-09-15)
◆Ultimate Ears カスタムIEM全7機種(2013-09-08)
◆null audio Elpis(2013-09-03)

■FitEar Parterre(2013-08-25)
◆カナルワークスCW-L12(2013-08-17)
◆Livezoner41 LZ 4(2013-08-06)
■SHURE SE846(2013-08-02)
■オーリソニックスASG-2 with BassPort(2013-07-28)

■Hippo ProOne(2013-07-21)
◆カナルワークス CW-L51a(2013-07-13)
■EXS X10(2013-06-24)
■音茶楽Flat4シリーズ粋、楓、玄(2013-06-17)
◆LEAR LCM-1F(2013-06-10)

◇Ultimate Ears UEブーム(2013-05-28)
◇Stage93 93PC(2013-05-20)
●Meze Headphones(2013-05-08)
●Fischer Audio Jubilate(2013-04-29)
◇ORB JADE casa(2013-04-21)

◆lime ears LE3(2013-04-14)
◇雑誌「DigiFi 第10号」付録(2013-04-06)
●Ultimate Ears UE 9000、UE 6000、UE 4000(2013-04-01)
■開放型インナーイヤーイヤホンおススメ5モデル(2013-03-19)
◆LEAR LCM-5(2013-03-16)

●フィリップスFidelio L1(2013-02-25)
○スマホが与えた音楽リスニングのモラル変革(2013-02-17)
■Klipsch Image X7i(2013-02-04)
◆LEAR(2013-01-27)
◆カナルワークスCW-L05QD(2013-01-13)

◆earmo(2013-01-02)
◆Westone AC2(2012-12-25)
◇Stage93 93SPEC(2012-12-16)
●California Headphone Silverado、Laredo(2012-12-09)
■音茶楽Flat4-楓(2012-12-03)

◆Stage93 Stage 6(2012-11-26)
●GRADO SR60i(2012-11-19)
◇Astell&Kern AK100-32GB-BLK(2012-11-15)
●オーディオテクニカ ATH-WS99(2012-11-10)
■アトミック フロイドPowerJax+Remote(2012-10-29)

◇VORZUGE VorzAMPduo(2012-10-26)
●ファイナルオーディオデザイン heaven VI(2012-10-16)
●beyerdynamic T 90(2012-10-08)
●GRADO GS1000i(2012-09-30)
●SENNHEISER HD 700(2012-09-16)

◆ACS T1 Live!(2012-09-11)
●オーディオテクニカ ATH-AD2000 ATH-AD1000(2012-09-03)
●GRADO RS1i、SR325is、PS500(2012-08-20)
◆FitEar MH335DW(2012-08-15)
●DIESEL VEKTR(2012-08-07)

◆カナルワークスCW-L51 PSTS(2012-07-30)
●Fischer Audio FA-002W(2012-07-25)
●Pioneer SE-MJ591(2012-07-16)
■GRADO iGi(2012-07-12)
●HiFiMAN HM-400(2012-06-26)

●Klipsch Reference One(2012-06-17)
●GRADO PS1000(2012-06-09)
●ULTRASONE edition 8(2012-06-02)
●PHONON SMB-02(2012-05-28)
■音茶楽Flat4-粋(SUI)(2012-05-20)

●<春のヘッドフォン祭2012>、Fischer Audio FA-004(2012-05-13)
◇Hippo Cricri、Go Vibe Martini+、VestAmp+(2012-05-04)
■ファイナルオーディオデザインheaven IV(2012-04-28)
■フィッシャー・オーディオ Jazz (2012-04-22)
●SHURE SRH1840 & SRH1440(2012-04-16)

■FitEar TO GO! 334(2012-04-08)
◆Unique Melody Mage(2012-03-26)
●Takstar PRO 80、HI 2050、TS-671(2012-03-20)
●klipsch Mode M40(2012-03-15)
■Fischer Audio DBA-02 Mk2(2012-03-07)

◆AURISONICS AS-1b(2012-02-27)
■UBIQUO UBQ-ES503、UBQ-ES505、UBQ-ES703(2012-02-21)
◆Heir Audio Heir 3.A(2012-02-15)
■moshi audio Clarus(2012-02-12)
◆Thousand Sound TS842(2012-02-08)

◆Heir Audio Heir 8.A(2012-02-01)
■CRESYN(2012-01-17)
◆Unique Melody Merlin(2012-01-08)
◆カナルワークスCW-L01P(2012-01-03)
■ファイナルオーディオデザイン Adagio(2011-12-31)

◆LEAR LCM-2B(2011-12-26)
●SOUL by Ludacris SL100、150、300(2011-12-23)
●AKG K550(2011-12-20)
■SENNHEISER IE80 & IE60(2011-12-16)
■DUNU(2011-12-14)

◆カナルワークスCW-L10(2011-12-12)
■オーディオテクニカ ATH-CK90PROMK2(2011-12-09)
◆Ultimate Ears UE 5 Pro(2011-12-06)
■REALM IEM856(2011-12-02)
■ファイナルオーディオデザインAdagio III(2011-11-26)

◇Ultimate Ears用交換ケーブルFiiO RC-UE1&オヤイデ電気HPC-UE(2011-11-25)
●Reloop RHP-20(2011-11-22)
■オーディオテクニカ ATH-CK100PRO(2011-11-14)
■SOUL by Ludacris SL99(2011-11-04)
■Fischer Audio Ceramique(2011-10-25)

■SHURE SE535 Special Edition(2011-10-21)
■JVCケンウッドHA-FX40(2011-10-16)
■BauXar EarPhone M(2011-10-10)
■SONOCORE COA-803(2011-10-02)
◆TripleFi 10 ROOTHリモールド(2011-09-25)

■AKG K3003(2011-09-18)
■Atomic Floyd SuperDarts+Remote(2011-09-11)
■Bowers & Wilkins C5(2011-09-06)
■Westone3(2011-09-02)
◆カナルワークスCW-L31(2011-08-26)

◇ORB JADE to go(2011-08-22)
■YAMAHA EPH-100(2011-08-14)
■NW-STUDIO(2011-08-09)
■NW-STUDIO PRO(2011-08-02)
◆FitEar MH334(2011-07-29)

◆ROOTH SE530×8(2011-07-26)
■Westone ES5(2011-07-21)
●SHURE SRH940(2011-07-17)
◆Ultimate Ears 18 Pro(2011-07-15)
■クリエイティブAurvana In-Ear3(2011-07-06)

◆カナルワークス CW-L01(2011-07-01)
■GRADO GR10&GR8(2011-06-25)
◇SAEC(サエク)SHURE SE用ケーブル(2011-06-21)
■フィアトンPS 20&PS 210(2011-06-17)
■ZERO AUDIO ZH-BX500&ZH-BX300(2011-06-11)

■フィリップスSHE8000&SHE9000(2011-06-03)
■アトミック フロイド(2011-05-26)
■モンスター・マイルス・デイビス・トリビュート(2011-05-20)
■SHURE SE215(2011-05-13)
■ファイナルオーディオデザインPiano Forte IX(2011-05-06)

■ラディウス・ドブルベ/ドブルベ・ヌメロドゥ(2011-05-01)
■ローランドRH-PM5(2011-04-23)
■フィリップスSHE9900(2011-04-15)
■JAYS q-JAYS(2011-04-08)
◇フォステクスHP-P1(2011-03-29)

■Klipsch Image X10/X5(2011-03-23)
■ファイナルオーディオデザインheaven(2011-03-11)
■Ultimate Ears TripleFi 10(2011-03-04)
■Westone4(2011-02-24)
■Etymotic Research ER-4S(2011-02-17)

■KOTORI 101(2011-02-04)
■ゼンハイザーIE8(2011-01-31)
■ソニーMDR-EX1000(2011-01-17)
■SHURE SE535(2011-01-13)
■ビクターHA-FXC51(2011-01-12)

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス