セックス・ピストルズ、ロンドン五輪でパフォーマンスしなかった理由

ツイート

セックス・ピストルズは、2012年に開催されたロンドン・オリンピック開会式でのパフォーマンス依頼を断っているが、その裏にはこんな事情があったらしい。

◆セックス・ピストルズ画像

ベースのグレン・マトロックは『Daily Mirror』紙のインタビューでその理由を明かした。「彼ら(開会式主催者)がザ・フーに演って欲しがっているって聞いた。キース・ムーンにプレイして欲しいって。でも、彼は20年も前に死んでるじゃないか。俺たちもパフォーマンスして欲しいって頼まれたが、キース・ムーンやザ・フーの話でテンションが下がった。俺らが“ノー”って言った理由の1つだ」

開会式の主催者がキース・ムーンが亡くなっているのを知らなかったのは事実。ザ・フーのロジャー・ダルトリーは以前、こう話していた。「手紙、正確にはメールをもらったんだ。キース・ムーンに開会式に出席して欲しいって。俺らのマネージャーはこう返事したよ。“実のところ、彼は現在ゴルダーズ・グリーン墓地に永住しております。この34年間そうです。でも、もし丸いテーブルとキャンドル、グラスなどを用意していただければ、彼を呼び出すことができるかもしれません(降霊会を通じて)”ってね」

マトロックはまた、フロントマンのジョン・ライドンとは5年間会っていないが「それでハッピーだ。彼と話す理由はない」そうで、現在のところセックス・ピストルズのリユニオン計画はないという。

グレン・マトロックは木曜日(7月31日)、スコットランドで開かれるカルチャー・フェスティヴァル<Edinburgh Festival Fringe>へ出演し、『Glen Matlock: I Was a Teenage Sex Pistol』と題したトーク+パフォーマンスを行う。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報