スパイス・ガールズ、“2018年に5人で再結成”のニュースはデマ?

twitterツイート

スパイス・ガールズが2018年に5人で再結成するとのニュースが流れ、ファンを大喜びさせたが、『Gossip Cop』によると、残念ながらこれは事実ではないそうだ。

◆スパイス・ガールズ画像

英国のいくつかのメディアは、今回はビクトリア・ベッカムも同意し、5人全員が揃い、コンピレーション・アルバムや特別番組の制作など、様々なプロジェクトが浮上していると伝えていた。

しかしながら、『Gossip Cop』がビクトリアの代理人に確かめたところ、「ビクトリアはスパイス・ガールズのことをとても愛しリスペクトしているが、彼女がこの先専念するのはファッションと家族のみです」との回答があったという。

スパイス・ガールズが最後に5人揃ってパフォーマンスしたのは、2012年のロンドン・オリンピック閉会式。2016年、デビュー20周年を記念しビクトリア抜きで再結成ツアーを行なう計画が上がったが、メラニー・Cが難色を示したことで流れた。また、代わりにジェリ、エマ、メラニー・BがGEM名義で活動を始めるとの噂もあったが、ジェリが妊娠・出産したためか、実現しなかった。

現在のところ、元メンバーからリユニオンの真偽について正式なコメントはなされていない。

また、5人での公演やアルバム制作はなくとも、コンピレーション・アルバムのリリースや特別番組で5人が一堂に会するといった “リユニオン”の可能性はある。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報