森山直太朗、「さくら(二〇一九)」MV公開。16年前と同じワンカメ一発撮り&生歌唱

ツイート

森山直太朗が歌うドラマ『同期のサクラ』主題歌「さくら(二〇一九)」のミュージックビデオが公開された。

◆「さくら(二〇一九)」MV

自身の代表曲のひとつ「さくら」を新たなアレンジ・歌唱で録音した「さくら(二〇一九)」は、“今”の歌唱による「さくら」を提供してほしいとのドラマ制作陣からの熱いオファーに応える形で生み出されたという作品だ。アレンジとピアノは世武裕子が担当している。

柿本ケンサク監督によるミュージックビデオでは、森山と世武の共演による「さくら(二〇一九)」のパフォーマンスを1台のカメラで一発撮り。歌とピアノは生で、その場で演奏されたものが同時に録音された。やり直しのきかない緊張感高まる撮影企画は、森山自らの発案によるものだという。

行き交う人々にも一人ひとりに年齢や職業、今抱えている思いなどの具体的な設定があり、それぞれの人物像を50人の役者たちが演じながら歩いた。リハーサルを経て、本番の撮影はわずか2テイクで終了したそうだ。



2003年に発表された「さくら(独唱)」のミュージックビデオも同じくワンカメ一発撮り、生歌唱という手法で撮影されているが、これは当時、“どうしてもフィルムで撮りたい”という森山の希望に対し、何カットも回すような多くのフィルムを用意する予算がなかったためなのだという。今回はライブ感を大事にするため、あえて同じ手法が選ばれることになった。

本ミュージックビデオについて、森山は次のようにコメントを寄せている。

   ◆   ◆   ◆

「真ん中で歌う僕自身は16年前からずっと変わらないけれど、今回ドラマの物語がきっかけとなり、それにつき動かされて世武裕子さんがアレンジをしてくれて、そのアレンジがこの映像の世界観を呼んだ。
新しくなった“さくら”の景色やエネルギーみたいなものを、映像を通して感じてもらえたら幸いです」──森山直太朗

   ◆   ◆   ◆

■配信シングル「さくら(二〇一九)」

(日本テレビ系水曜ドラマ『同期のサクラ』主題歌)
2019年10月30日(水)配信開始
https://lnk.to/sakura2019

■日本テレビ系水曜ドラマ『同期のサクラ』

2019年10月9日(水)スタート
毎週水曜22時~
番組公式HP: https://www.ntv.co.jp/sakura2019/
番組公式Twitter: @douki_sakura


この記事をツイート

この記事の関連情報