ケイティ・ペリー「自己隔離中、感謝すべきことを考えて」

ツイート

ケイティ・ペリーが日曜日(4月12日)、FacebookでQ&Aセッションを行ない、自己隔離中いろんな感情が押し寄せてくるのは自分も同じで、感謝すべきことを考えるようにしようと呼びかけた。

◆ケイティ・ペリー動画、画像

ケイティは、自身が審査員を務める米オーディション番組『American Idol』が放送される前、イースターにちなみバニー姿で登場。誰にも邪魔されずに済むからと、停止している車の中からライブ配信を始めた。Facebookでこの手のことを行なうのは初めてな上、予定時間より早く開始したため質問が届いていないと戸惑う様子も見られたが、その後は順調に『American Idol』にまつわる質問に答えていった。

そして、新型コロナウイルスの影響で家に留まらなくてはならない現状について「アップ・ダウンがあるわよね。みんなも同じでしょ。感謝することを考えるようにして、いいことを考えるようにして」と推奨した。

「みんなのこと、愛してるわ。みんなに会いたい。いまはクレイジーよね。奇妙でワイルドなときだわ。みんな、いろんな感情が押し寄せてるに違いない。私も同じよ。答えがあればいいんだけど…。私たちが早く笑顔を取り戻すことができるようにと願ってる。安全で健康でいてね」





『American Idol』は通常の収録ができなくなったため、出演者やスタッフは創造力を駆使し、それぞれの家から何か特別なことを届けられるよう模索しているという。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報