全米アルバム・チャート、リル・ベイビーが3週目の1位

ツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は先週に続き、ラッパー、リル・ベイビーのセカンド『My Turn』が首位をキープした。これで2月終わりにリリースして以降、非連続3週目の1位となった。2020年に入り、3週以上全米1位に輝いたアルバムは、ロディ・リッチのファースト『Please Excuse Me For Being Antisocial』(2019年に1週間、2020年に3週間)とザ・ウィークエンドの『After Hours』(4週間)に続く3作目だという。

2位も変わらず、レディー・ガガの新作『Chromatica』がキープ。同作は2週間前、初登場で1位を獲得していた。3位には、4月に初週1位に輝いたダベイビーの『Blame It On Baby』が先週の6位から再浮上した。

全英と違い、全米アルバム・チャートは今週も動きが小さく、先週同様トップ10に初登場した新作はなかった。全英では今週、同国のシンガー2人、リアム・ギャラガーとジャック・ガラットが10位圏内に初登場しており、リアムの『MTV Unplugged』が1位に輝いた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報