【インタビュー】all at once、『名探偵コナン』テーマ曲収録デビューEPに「僕たちの新しい声」

ツイート

■倉木麻衣さんに作詞していただいた
■すごく素敵な言葉があるんです

──せっかくなので、収録5曲すべてを二人の言葉で紹介してもらおうと思います。まずは1曲目「JUST BELIEVE YOU」から。

NARITO:「JUST BELIEVE YOU」は、お互いを思い合っているけれどなかなか会えない、でもきっとまた会えると信じている、そんな二人の関係を歌っている楽曲です。ほかの楽曲はハイトーンが多めなんですけど、「JUST BELIEVE YOU」はまったく違って、男性らしさというか、声の深さや厚みをすごく大事にしているので、1曲目からいきなりall at onceの男らしさを感じながら聴いていただけたら嬉しいです。

ITSUKI:サビに“はらりとふわりと舞い散る花びら”という、倉木(麻衣)さんに作詞していただいたすごく素敵な言葉があるんです。そこは本当に優しく包み込むように歌っていて。最後の“心が震えてる”のところでは、一転して情熱的に歌っているので、声を使い分けて歌っているところに注目して聴いてほしいですね。

▲NARITO

──「JUST BELIEVE YOU」は、ちょうど20年前に『名探偵コナン』オープニングテーマだった倉木麻衣さんの「Secret of my heart」のオマージュで、いろんな世代に響く曲だと思います。

ITSUKI:レコーディングは緊張しました。作詞のクレジットに倉木さんの名前が入っていることもそこで知りましたし、倉木さんの声が入っているトラックを聴きながら歌うことも、その場で初めて知ったので──。

NARITO:めちゃくちゃ緊張したよね。

ITSUKI:でも本当に素敵な言葉がたくさんあるので、それを大事にしながら、自分たちの良さを出しながら歌いました。倉木さんが歌っている声に僕たちの声を重ねる部分があるんですけど、“どのラインがいいだろう” “どの声が合うだろう”とか、すごく意識しました。

──そして2曲目が「星合」です。あらためて、聴きどころは?

NARITO:「星合」は、お互いが思い合う気持ちを織姫と彦星にたとえた楽曲になっているんですけど、サビのメロディがすごくキャッチ―で、聴けば聴くほど頭から離れなくなる楽曲だと思います。僕自身が思うこの楽曲の一番の魅力は、二番サビのあとの“永遠(とわ)と言う文字に願いをただ一つ込める”というところで。僕はここにいろんなアプローチを詰めこんでいて。一方は軽くフワフワした声で、また一方は深く重い声で、いろんな表現をしているので、声の使い分けも楽しんでもらえるかなと思います。

ITSUKI:メロディがすごくキャッチーなのはもちろんですし、歌詞のストーリー性を大事に歌っています。僕自身の聴きどころは、一番を聴いてから二番を聴くと別のストーリーに聴こえる、そこのギャップを楽しんでいただけたらと思いますね。一番はNARITOから入って、二番は僕から入っていて、そこでメロディの雰囲気がガラッと変わるので、そこを聴いていただけたら嬉しいです。

NARITO:それはフルバージョンでしか味わえないところなので。

ITSUKI:そうなんです。なので、ぜひフルで聴いていただけたらと思います。


──そして3曲目が「Take mo' Chance」。もはやちょっと懐かしいんじゃないですか?

NARITO:そうなんですよ(笑)。今回のEPをまとめる時にも、みんなで「この曲を録ったの、めちゃめちゃ前だよね」という話をしていました。all at onceとして最初にレコーディングした楽曲なので、1年半ぐらい前かな? なので、たぶんその時にしか出せないフレッシュさも入っているんですよ。歌は生ものなので、その時にしか出せなかった僕たちの歌がここにあって、今の楽曲は今の楽曲で違う素晴らしさがある。そこを楽しんでいただけたらと思います。

ITSUKI:こういうファンク調のノリノリの楽曲は個人的に好きなので、グルーヴ感であったり、聴いて自然に体が動くメロディにもなっていると思うので。何も考えずに身を任せて聴いてもらえば、ノリノリになれる楽曲じゃないかなと思います。

──4曲目が「雨上がり架かる虹」です。

NARITO:僕のお気に入りポイントは、最後のサビの“雨上がり架かる虹なら 一人見るのは惜しい”というところで、それまでの一番サビと二番サビは僕がメインで歌っているんですけど、そこだけITSUKIと僕が交互に歌う振り分けになっています。ハーモニーというよりも、一人一人の声の良さを掛け算するようになっていて。そこで一気に曲調が変わって、優しい声に包まれながら、エンディングの盛り上がっていくパートにつながって行く。その音の広がりを楽しんでいただけたらすごく嬉しいですね。

ITSUKI:「雨上がり架かる虹」はR&Bテイストで、タイミングやグルーヴ感をすごく意識している楽曲ですね。フェイク(※即興でメロディを崩す歌い方)一つをとっても、“どこで切るか、どこまで伸ばすか”まで意識して入れているんですけど、それがよく出ているのがエンディングです。そこをメインにするように楽曲を引っ張っていっているので、最後のフェイクが一番の聴きどころかなと思います。力強さと、まっすぐな声を込めているので、すごく聴いてほしい部分ですね。

◆インタビュー【3】へ
◆インタビュー【1】へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報