ポール・マッカートニー、歌詞を通じ人生を語る自伝タイプの本を出版

ツイート
(C) Mary McCartney

ポール・マッカートニーが、これまで彼が綴ってきた歌詞を通じ、人生を振り返る本『THE LYRICS: 1956 to the Present』を出版する。

◆ポール・マッカートニー画像

ポールは本が完成するに至った経緯について、こうコメントしている。「自伝を書く気はないのか、数えきれないほど問われてきた。でも、タイミングが合わなかった。1つ、家にいようがツアー中であろうが、僕が常に成し遂げてこられたのは新しい曲を作ることだ。ある年齢に達すると、過去の日々の出来事を振り返るため日記を読み返す人たちを知ってる。でも、僕にはそんなノートはない。僕にあるのは自分が作った曲だ。山のようにあり、僕はこれらでその目的を果たせるとわかった。これらの曲は僕の全生涯にわたる」

本では「1956年から現在まで」154曲が取り上げられ、それらを通じ、ポールが彼の人生で起きた出来事を語るという。ポールはここで、彼の曲や人生についてこれまで知られていなかったことを伝えられたらと願っているそうだ。





『THE LYRICS: 1956 to the Present』は英国で11月2日に出版される。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報