モトリー・クルー、Napster/Metallica論争にアニメで参加

ツイート
 Motley CrueNapster論争に参加してきたが、Metallicaを支持しているわけではないようだ。

Crueは、インターネットで人気になっているMetallica風刺アニメ“Napster Bad!”を製作したCamp Chaos Entertainmentと組んで、アニメ“MetalliGreed”を作り、ベースのNikki Sixx、ヴォーカルのVince Neil、ギターのMick Marsが、MetallicaがNapster、そしてファンに対してとっている姿勢について、意見を述べている。

 このアニメの中で、Sixxはこう言っている。
「インターネットで騒ぎになってるNapsterとMP3ミュージックの話はみんな聞いたことがあるだろ? 俺等に言わせれば、すべてマヌケだね」。
そして、続ける。
「俺等は音楽業界に長くいるから、なんで“MetalliGreed”みたいなバンドがNapsterをやっつけたり、ファンを侮辱したりするのに、あんな派手な方法をとったか、ちゃんと分かってるぜ。教えてやろうか? 簡単さ……夏のツアー」

 Neilのキャラクターが台本を見ながら付け加える。
「なんて、根性の悪い、へそ曲がりのクズ野郎達だ」。
少し止まって、再び台本を見てから続ける。
「つまり、あいつらはインチキ弁護士を雇って、マスコミの注目を集めたってわけだ。ツアーの宣伝の為にな」

 そして、Sixxが、Motley Crueはユーモアのセンスがあるというところをみせながら、要点をまとめる。
「あいつらは、ツアーの宣伝の為にファンを訴えたってわけだよ。そりゃ逆だろうよ。Lars、次はどうする気だ? 次はよ? 安っぽいインターネットアニメでツアーの宣伝か? 俺等はそんな落ちぶれたこと絶対しないぜ」

 そう言いながら、しっかりとMotley Crueの新アルバム『New Tatoo』と、MegadethAnthraxと一緒に行うMaximum Rock 2000ツアーの話をしている。
そして、アニメの終わりには、6月14日、カリフォルニア州サクラメントのSacramento Valley Amphitheatreに始まるツアーの全日程が、画面上を流れていく。

 若干マジメな感じで、Motley Crueは、自分達のファンがインターネット上でNapsterを使いMP3ファイルを交換することを支持するとNeilのキャラクターが言っている。

記:Bruce Simon、ニューヨーク
この記事をツイート

この記事の関連情報