スマッシング・パンプキンズの待望のベスト、米国で11月6日リリース予定!

ツイート
Smashing Pupmkinsは今年のクリスマス・ショッピングシーズンに向けて、ベスト・アルバムをリリースする予定だ。まだタイトルが未定のこのコンピレーションは、米国で11月6日に発売される予定。トラックリストについてはまだ明らかにされていないが、未発表曲やPumpkinsのアルバム5タイトルからの楽曲が収録される模様だ。

元Smashing Pumpkinsのフロントマン、Billy CorganはLAUNCH.comに、2000年12月に解散したPumpkinsが今日の音楽シーンに与えた影響について次のように話している。
「事実、最近のボーイ・バンドや
Britney Spears以外で成功しているバンドが、非常に男っぽいロックを試みようとしている。新聞や雑誌などでは、僕たちがやってきたことによるところが大きいようには書かれていないけど。でも(Limp Bizkitのフロントマン)Fred Durstとちょっと知り合って、Smashing Pumpkinsが彼らの大好きなバンドの1つだってことを知ったんだ。彼が16歳の時、『Gish』とか『Siamese Dream』を聴いていたらしいんだ」

「途中何らかの形で、Nirvanaみたいなことをやってしまったんだけど、そのアプローチはどんどん深刻な方向へ自らを追い込んでしまうように思えたんだ。それは“繋がり”というほど仲間意識的なものではない。僕は(やってきたことを)自分の手柄にしようとしたり、責任を取ろうとは思わない。Chuck Berryは'56年にギターでロックを演奏したけど、The Beatlesはより良い方法をその6年後に発見した。そういうもんなんだよ。恐らく、他のバンドは僕たちのより男っぽい要素を取り込んだんだと思う。僕たちは常にバンドの中で、男性的なものと女性的なもののバランスをとろうとしてきたんだけど」

Darren Davis, New York LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報