今年、米Yahoo!で2番目に多く検索された言葉は“ブリトニー・スピアーズ”

twitterツイート
米Yahoo! Inc.によると、今年2番目に検索される回数が多かった言葉は“Britney Spears”だったという。このリストは、Yahoo! が開発したインタラクティヴなマーケット・リサーチ・ツールYahoo! Buzz Index(http://buzz.yahoo.com)で集計されたもの。

ちなみに、このYahoo! Buzz Index Top 20 Leaders for 2001のリストでは“PlayStation 2”がでダントツで1位。その他同リストに含まれていたミュージシャンは、Jennifer Lopez (11位)、*NSYNC (12位)、Eminem (14位)、The Backstreet Boys (17位)、O-Town (44位)、Christina Aguilera (57位)、Madonna (27位)、Mariah Carey (63位)、Janet Jackson (80位)。

その他、検索された言葉のトップ10は以下の通り:
WWF(3位)、Dragon Ball Z(4位)、Napster (5位)、World Trade Center (6位)、Harry Potter And The Sourcer's Stone(7位)、Dale Earnhardt(8位)、NASCAR(9位)、Internal Revenue Service(10位)

Yahoo!Buzz Indexは日々集計され、ほとんど瞬時に傾向を掴むことで、インターネットのスピードを改善させる。このツールはブランドや製品、オンライン・テクノロジーとユーザーとの関わりを測定し、傾向を追跡することで、マーケティング担当者がオンラインおよびオフラインのキャンペーン効果を監視することができる。Yahoo! Buzz Index 2001 Leadersのリストは、2001年1月1日から12月15日に検索されたもの全てを集計したもの。

Jason Gelman, New York LAUNCH.com
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報