リル・キム、宝石を盗もうとした犯人と法廷で対面

ツイート
ラッパーのLil' Kimが彼女の荷物から宝石を盗もうとした犯人と法廷で対面する。犯人として逮捕されたJohn Achesonは、盗んだ25万ドル相当の宝石を返還する際に、2万5000ドルを要求したという。NYのWINS Radioは、Achesonは実際には宝石を所持していなかったが、重窃盗未遂と恐喝未遂ほかの容疑で告発された、と伝えている。

Achesonは6月23日(月)、Lil' Kimの弁護士Mel Sachsに連絡し、宝石の返還に際して25万ドルを要求。即金で5,000ドル、後日に残りの2万ドルの支払いを求めた。警察はかかってきた電話を逆探知したが、犯人は同じ日に自首。もし有罪が確定すれば、最高4年の服役が科せられる。

NYの『Daily News』紙によれば、Achesonは96年から97年にかけて株の購入詐欺で元の家主から4万7000ドルを騙し取った件で、仮釈放中の身だったという。

Lil' Kimは6月21日(金)の朝、ニューヨークからロサンゼルスへ向かうユナイテッド航空の便に搭乗した際、宝石を盗まれた。彼女は50万ドル相当の宝石の入ったルイ・ヴィトンのバッグを自ら携帯するつもりだったが、手違いによってジョンF.ケネディ国際空港のチェックイン・カウンターで宝石の入ったバッグを他の荷物と一緒にチェックしてしまった。このミスに気付いてバッグを取り返したが、すでに2点のジュエリーが紛失していた。盗まれたのは彼女のQueen Bee RecordsのロゴであるBの文字が装飾された白と黄色のダイアモンドのネックレスと、黄色いダイヤモンドが散りばめられたプラチナのドッグ・タッグ1セット。2品とも6月27日(金)にジョンF.ケネディ空港にあるユナイテッド航空の職員が使用するロッカールームから布に包まれて発見されている。

(C)LAUNCH.com
この記事をツイート

この記事の関連情報