ダンカン、ブルー・グッズをネットで売る母親に困惑

ツイート
ブルーのダンカン・ジェームスは、母親がグループのメモラビリアをオークション・サイトで売りに出していることを発見し、直ちに止めるよう要請したらしい。dotmusicによると、ダンカンの母親フィオナは、オークション・サイトにブルー縁のグッズを多数出品していたという。

フィオナは、eBayにブルーのツアー・パスや息子のベルト、写真など78品ものグッズのほか、自身が昨年著作したダンカンのバイオグラフィーを出品していたという。ダンカンのスポークスマンは『Daily Mirror』紙にこう話している。「ダンカンは、母親がもう書店では手に入らないバイオグラフィーをeBayで売りに出してることを発見しました。そして他のアイテムも出品されてることに気づき、すぐに止めるよう頼んだのです」

活動休止を宣言したブルーは先月、お別れツアーを終了。リー・ライアンがソロ・デビュー・アルバム『Lee Ryan』を8月1日にリリースした(英国発売。日本発売9月21日)ばかり。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報