歴代洋楽ラヴソング10選!

twitterツイート
MuchMoreMusicが行なった歴代洋楽“ラヴソング”ランキングで、ホイットニー・ヒューストンの「I Will Always Love You」が1位を獲得した。同曲は映画『ボディガード』('92年)の主題歌。映画と共に世界的な大ヒットを記録した。

上位には21世紀の楽曲が含まれていないが、'90年代の曲としてセリーヌ・ディオンの「My Heart Will Go On」が3位に入っている。これも映画『タイタニック』('97年)を伴ったヒットソング。また、先月来日したバックストリート・ボーイズの「As Long As You Love Me/君を愛する限り」がトップ10内に挙げられている。2位には故人となった今も尚、活躍を続けるエルヴィス・プレスリーの名曲「Love Me Tender」が選ばれた。

ほかに'80年代に人気を博したオーストラリアのバンド、エア・サプライの「Making Love Out of Nothing At All/渚の誓い」、ジャーニーの初期ソング「Open Arms」といった曲が選ばれた。10位はビリー・ジョエルの「Just the Way You Are/素顔のままで」。

ラヴソング・トップ10:

1位「I Will Always Love You」ホイットニー・ヒューストン
2位「Love Me Tender」エルヴィス・プレスリー
3位「My Heart Will Go On」セリーヌ・ディオン
4位「In Your Eyes」ピーター・ガブリエル
5位「Making Love Out of Nothing At All」エア・サプライ
6位「Still the One」オーリアンズ
7位「Open Arms」ジャーニー
8位「I Melt With You」モダン・イングリッシュ
9位「As Long As You Love Me」バックストリート・ボーイズ
10位「Just the Way You Are」ビリー・ジョエル

T.Kimura
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報