ロバート・プラント、ツアーの日程を発表

twitterツイート
ロバート・プラントが来年、UKおよびヨーロッパ・ツアーを行なうことを発表した。残念なことに(?)、レッド・ツェッペリンのツアーではなく、一緒にアルバムをリリースしたカントリー・シンガー、アリソン・クラウスとのコンサートだ。

10月にプラントとクラウスが発表したデュエット・アルバム『Raising Sand』は、ビルボード・チャートの2位に初登場。両アーティストにとって(プラントの場合ソロ・アーティストとして)これまでのキャリアで最高位をマークした。

2人のツアーは、5月5日にバーミンガムでスタート。マンチェスター、カーディフを回った後、ヨーロッパへ渡り、22日にロンドンのウェンブリー・アリーナで終了する。

ツェッペリンのツアーが期待されているときだけに、このニュースに激しく失望したファンも少なくないようだ。現在、発表されているのは5月の日程だけだが、この後USAツアーもあるといわれており「なんてこった、来年、ツェッペリンのツアーはないってわけだな」と考えるファンもいるという。

バンドのオフィシャル・サイトには、好意的なリアクションを示したファンが大半を占めるものの、上記のようなコメントのほか「吐き気がする」、またクラウスをオノ・ヨーコにみたて「バンドをバラバラにする女」との書き込みまで出ているらしい。

しかし、5月はどのみちフォリナーのツアーでドラムのジェイソン・ボーナムの予定も詰まっているため、ツェッペリンの活動は不可能だということをお忘れなく。バンドは長期のツアーではなく、NYのマジソン・スクエア・ガーデンやロンドンのウェンブリー・スタジアムなどで何回かショウを行なうのではないかとも見られている。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon