アップルの音楽制作アプリ「GarageBand」がついにiPhoneとiPod touchに対応

ツイート
アップルの音楽制作アプリケーション「GarageBand」が、iPhoneとiPod touchのユーザにも利用できるようになった。

「GarageBand」は2011年はじめにiPad用として発表された音楽制作アプリケーション。Multi-Touchインターフェイスを用いることで、これまで楽器を演奏したことのない人でも簡単に音楽を作ったり、録音できるようにした。まさにiPadのキラーアプリケーションとして認識している人も多いはず。iPad専用ということで、iPhoneやiPod touchのユーザーは指をくわえてうらやましがるしかなかったわけだが、新バージョンの1.1でついにこれらの機種への対応がなされた。しかもユニバーサルアプリケーションとしての登場である。価格は450円。すでにApp Storeで販売が開始されている。

「GarageBand」の魅力のひとつは、数多くの多彩な楽器をiOSデバイスで演奏できること。初心者から経験豊富な音楽家まで、キーボードや、ギター、ドラム、ベースなどをさまざまなスタイルで簡単に演奏し、録音することができる、すばらしい音色の楽しいTouch Instrumentsが揃っている。Smart Instrumentsは今回、豊富に揃った新しいライブラリの中からカスタムコードを選ぶことができるようになったため、好きな曲とあわせて演奏することができるのも注目だ。


楽器が弾ける人にとっても、「GarageBand」は魅力的だ。エレクトリックギターを、iPadや、iPhone、iPod touchにつないで、クラッシックなアンプやストンプボックスのエフェクタを使って演奏して録音したり、内蔵マイクを使って自分の声やアコースティック音を録音することが可能。最大8トラックまで録音、ミキシングし、完成した曲を友達と共有したり、自分のMacに送って、GarageBandやLogic Proで作業を続けることも可能となっている。


iPad、iPhoneおよびiPod touch用のGarageBand 1.1は、App Storeで新規ユーザを対象に450円で提供。すでにGarageBand for iPadを使っているユーザーには無償アップデートとして提供される。対応機種は、iPad、iPad 2、iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4SおよびiPod touch(第3世代および第4世代)。容量は501MB。

◆GarageBand 1.1
価格:450円
発売日:2011年11月2日

◆GarageBand 製品詳細ページ
◆アップル
◆BARKS 楽器チャンネル

GarageBand
GarageBand
Apple
ジャンル: ミュージック - ライフスタイル
価格: 450円 iTunesで見る

この記事をツイート

この記事の関連情報