復活&再始動 ハッピーニュースTOP15【2015年をBARKSニュースで振り返る】

ツイート


2015年に報道された悲しきニュースを「解散、脱退、事故、死去…悲しさと切なさに満ちたネガティブニュースWORST10」として振り返ってみたが、やはりハッピーネタのほうが気持ちがいい。ここではBARKSがお伝えした2015年のニュースから、復活や再始動を伝えるポジティブニュースを振り返ってみよう。

◆復活&再始動 ハッピーニュースTOP15【2015年をBARKSニュースで振り返る】

1位に躍り出たのは洋楽、ガンズ・アンド・ローゼズの初期メンバーが再度結集する可能性が高まっていることを伝える第一報だった。もう二度と交われないとさえ思われたアクセルとスラッシュだったが、時は色んなものを解決してくれる。溶けそうもない巨大な確執さえも、じっくりと溶かしてくれるようで、2人がまた同じステージに立つことをどれだけ多くの人が待っているのかを思わせるランキングとなった。

婚約や結婚というハッピーなニュースも飛び込んできた。熱烈なファンにとっては多少なりともショックだったりする話でもあるけれど、これも魅力的な作品を生み出していくアーティストとしての一つの通過点なのだろうから、是非とも暖かく祝福を。

さらっと記事にしたものの「うおー!」と反応が激アツだったのが、5位にランクインした「ロッキンf」復刊のニュースだ。日本のハードロックシーン、ジャパメタブームを牽引してきた代表的な雑誌のひとつとして、懐かしさに打ち震える人が続出していたようだ。

個人的にテンション沸騰したのは13位にランクインした、上木彩矢の華麗なる再始動。期待してるぜ。

text by BARKS編集長 烏丸哲也


◆【2015年をニュースで振り返る】BARKSニュース特集
この記事をツイート

この記事の関連情報