曲のアイディアを記録、コード判定して伴奏も! Appleから無料ボイスメモアプリ「Music Memos」

ツイート

Appleは、ソングライターが曲のアイディアを記録して整理するためのiOSアプリ「Muisic Memos」をリリースした。単なるボイスメモアプリではなく、コードを判定してベース&リズムまで付けてくれる。

テープレコーダーや家の留守番電話に思いついたメロディを録音する。一昔前に曲のアイディアを残すためにミュージシャンがとっていた手法は、現代ではスマホのボイスメモに録音するという手法に置き換わった。スマホアプリのボイスメモならいつでも録音したアイディアをすぐに確認できるので、作曲のためのアイディアを残すには非常に便利。その便利さをさらに推し進めたのが、「Music Memos」だ。


▲起動すると青いバックに丸がひとつ。これをタップして録音開始(左)。左上の音叉アイコンでチューニングも可能。録音スタートで画面が赤くなり波形を表示(中)。録音データは「マイアイディア」+数字の名前で一覧(右)。タグやレートを付けることもできる。

録音は画面上のボタンをタップするだけ。録音した音声は「アイディア」として非圧縮オーディオで記録される。曲のアイディアにタグやレート(5つまでの星がつけられる)、コメントを付けておけば管理も楽になる。

「Music Memos」ではさらに録音した曲のテンポ、リズム感、コードを自動的に感知して、曲に合ったリアルなベースとドラムのセクションを加えてくれる。仮想のドラマーとベーシストが、自分がたった今録音した曲に合わせて演奏してくれるのだ。テンポの変化にもついてくるし、オカズもうまいこと入れてくれる。コードの判定は元がボーカルだと「あれ?」と思うところもあるが、ギターやピアノなどのコード楽器はなかなかの結果になる(アコースティック・ギターとピアノに最適化されているとのこと)。優秀なプレイヤーがいつもそばいるという感じだ。画面には小節とコード進行も表示され、気に入らなければ自分でコードを指定することもできる。

伴奏のベースはエレキ、アコースティックの2種類、ドラムはモダンとビンテージの2種類からそれぞれ選択可能。音量(小-大)とパターン(単純-複雑)をシンプルなインターフェイスで調整することもできる。


▲アイディアの再生画面で楽器アイコンをタップすると伴奏の音量、パターンを変更可能(左)。波形をタップするとコード進行を全画面表示(中)。コードを自分で指定することも可能(右)。


▲Music Memosでアイディアを選んで、直接GarageBandを起動。3トラックが入ったソングが編集可能な状態でGarageBandにロードされる。

また、アイディアはiCloud Driveに保存すれば、ほかのiOSデバイスからもアクセスが可能。メールで送って友達と共有したり、コラボすることもできる。そして、アイディアを音楽制作ソフトGarageBandで開くと、録音した音声+ドラム+ベースの3トラックがあるソング出来上がっており、さらにパートを追加したり、エフェクトをかけたりといった編集が行えるようになる。

ここまでできて無料なのだから、ミュージシャンなら試さない理由はないはず。ただし、対応OSはiOS 9.1以上。古い機種ではインストールすらできないので、新しい機種が欲しくなるかもしれない。

製品情報

◆Music Memos
価格:無料
リリース日:2016年1月20日

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス