ドリーム・シアター、J・ラブリエの息子のバンドがデビュー・アルバムを発表

ツイート

ドリーム・シアターのヴォーカリスト、ジェイムス・ラブリエの息子チャンスが在籍するバンドFALSETがこの秋、デビュー・アルバム『We Follow Or Lead The Way』をリリースする。

◆FALSET画像

チャンスはドラマーで、バンドは彼、Zach Copeland(Vo,G)、Braeden Kozy(G)、Riley Fields(B)の4人から成る。

デビュー作には「Kingdom」「Give」「Fire At Will」「We Follow Or Lead The Way」「Rock Bottom」「Hollow Saints」「Dear Heaven Dear Saints」「Without A Trace」「9 Minute Drive」「Smoke & Mirrors」の10曲を収録し、メタルコア、モダン・ロック、ジェントなどのサウンドを包括しているという。フロントマンのZach Copelandがプロデュースした。

チャンス・ラブリエは「このアルバムは、僕の叔父デイヴィッドのコッテージで作ったんだ。日常生活の気を散らすものから離れ、リラックスした環境で作ることができたのは良かった」と、Copelandは「曲作りで実験してみた。作るのは凄く楽しかった」とコメントしている。

アルバム『We Follow Or Lead The Way』は10月発表。収録曲の1つ「Give」が7月24日に公開される。






FALSETは2018年にEP『Here We Are』をリリースし、<Vans Warped Tour>に参加していた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報