京都発RYUZOが、韓流スター主演のハリウッド映画サントラに!!

ツイート

京都を拠点に90年代から活躍したきたラッパー、RYUZOが、まもなく全米公開のハリウッド映画"Ninja Assasin"にサウンドトラックを提供した。

この映画は日本でも大人気の韓流スター、RAIN(ピ)が主演する、タイトルどおり暗殺者としての忍者を扱ったアクション・ムービーだが、時代設定は現代。その中の1シーンで、約1分半に渡り日本人ラッパーであるRYUZOの楽曲"The MC Remix"が使われることになったというもの。監督は『Vフォー・ベンデッタ』のジェイムズ・メックティグ監督で、米時間本日25日に公開予定。

サウンドトラックはIlan EshkeriによるBGMが中心で、いわゆるポップ・ミュージックからはデヴィッド・ボウイ(David Bowie)などを収録。ヒップホップ曲としてはUSのベテラン、レイクウォン(Raekwon)の"Legacy"と並んでRYUZO"The MC Remix"が選ばれている。これらの楽曲は既にiTunes Storeで配信中。

◆RYUZO Artist Info(notrax)
◆RYUZO Artist Video(notrax)
text by notrax
この記事をツイート

この記事の関連情報