レッド・ホット・チリ・ペッパーズのチャド、ブラック・サバスに誘われずガッカリ

twitterツイート
ブラック・サバスの最新アルバム『13』で、リユニオンに参加しなかったビル・ワードの代わりにレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのブラッド・ウィルクがドラムをプレイしたが、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのチャド・スミスはそのことに嫉妬しているそうだ。

彼はBillboard.comにこう話している。「リック(・ルービン/プロデューサー)がブラック・サバスのことで俺に電話してこなくて、彼を責めた。“なんだよ!”って言ったら、“いや、レイジのブラッドにプレイしてもらった”って言うからさ、ブラッドにちょっと羨ましいぜって言わなきゃならなかったよ。サバスとプレイしたなんて、ドラマーとしてはちょっと嫉妬する」

「でも、アルバム聴いたらすごくよかった。すげえヘヴィで、ブラッドはいい仕事したよ。これは言っとかないと。彼はいい仕事をした」

ブラック・サバスのツアーには、そのウィルクではなくオジー・オズボーンのバンドでプレイするトミー・クルフェトスが参加したが、オジーはアルバム『13』でもドラマーの第一候補はクルフェトスだったとSpin.comのインタビューで明かしている。しかし、ルービンに反対され、ウィルクになったという。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon