いい音爆音アワー vol.107 「ナイス・ジャケット♪ノーマン・シーフ特集」

ツイート
爆音アワー
いい音爆音アワー vol.107 ナイス・ジャケット♪ノーマン・シーフ特集
2019年 10月16日(水)@風知空知
CDになり、配信になって寂しいのが、「ジャケット」というものの存在感が小さくなってしまったことですな。音の方は、ハイレゾとかでまた新しい可能性があるのかもしれませんが、ジャケットとしてはなんと言ってもアナログ時代、30cm四方のLPがよかったということに、異論のある人は多分いないでしょう?今またアナログがちょっとしたブームになっているのは、ジャケットの魅力も大きいだろうね。
音楽作品の顔として、音楽そのものとともに、好悪や評価の重要な対象として、私達を魅了し続けてきたこのジャケットに関しても、いろんな切り口で選曲してみたいと、前から考えているのですが、実際ジャケットをテーマにするのは今回が初です。
で、今回は、ノーマン・シーフという有名な写真家が撮ったポートレイトを使ったジャケットを集めてみました。シーフが撮った写真はなんとなく分かります。眼と髪に特徴がある、と私は思っているのですが、こちらをしっかり見ていて、髪に動きがある写真が多いです。それと、グループの写真がとてもうまいと思う。何人もいると、1人くらいイマイチな感じで映っている人がいたりするものですが、シーフの写真は必ず全員活き活きしています。
写真だけでなく、デザインについても、彼が関わったジャケットはたくさんあるのですが、その中で、もちろん、音も素晴しいモノを選びました。
ちなみに、「ジャケット」という言い方、米英ではしません。英語では「cover」。アナログ時代は「sleeve」とも言いました。なので、「ナイス・ジャケット」とは「素敵な上着」になってしまい、正しい英語にこだわりたい私としては抵抗あるのですが、「ナイス・カヴァー」ではカヴァー・ヴァージョンのことだと思われるだろうし、日本ではどうしてもあれは「ジャケット」なので、それでいきます。

福岡智彦 (いい音研究所)

セットリスト

▶Norman Seeff
1939年3月5日、南アフリカ共和国ヨハネスブルグ生まれ。
17歳の時、史上最年少で、南アフリカのサッカーリーグ「Premier Soccer League」のプレイヤーとなる。
1965年(26歳)、医学博士となり、3年間、ヨハネスブルグ・スウェトの病院の救急内科で勤務する。
1969年、ニューヨークに移住。間もなく、彼がマンハッタンで出会った人々を撮った写真が、デザイナーのBob Catoの目に留まる。Catoはコロムビア・レコードのクリエイティブ部門の副社長も努め、担当したアルバム・カヴァーが2作、グラミー賞を獲得したこともある実力者。彼はシーフに、The Bandのアルバム『Stage Fright』での写真の仕事を与えた。これが評判になり、たちまちシーフはロック・フォトグラファーとして認められた。
1971年末、Catoの推薦によりUnited Artists Recordsのクリエイティヴ・ディレクターとなるため、ロスに移転する。
・・・
  • The Band「Strawberry Wine」
    ノーマン・シーフのプロ初仕事はこのアルバムの付録ポスター写真♪
  • The Rolling Stones「Tumbling Dice(ダイスをころがせ)」
    シーフの仕事はLPの付録のポストカード(12枚組)の写真。
  • Eagles「Take It to the Limit」
    シーフはアルバム裏ジャケの写真を撮影。シングルにも別パターンを。
  • Electric Light Orchestra「Evil Woman」
    これも裏ジャケの写真。おもしろい写真です。
  • Fleetwood Mac「Over & Over」
    これも表には使われず、インナースリーヴに2パターンのメンバー写真。
  • Carpenters「If I Had You」
    ここから下は全てジャケットの表にシーフの写真♪
  • Chicago「Take a Chance」
    シーフ得意のグループ写真(裏ジャケにつながる)。
  • Santana「Well All Right」
    これもジャケの表裏合わせて1枚のグループ写真。話し声が聞こえてきそうな♪
  • Pointer Sisters「I'm So Excited」
    3姉妹それぞれの表情。見飽きない写真です。
  • Captain & Tennille「You Need a Woman Tonight」
    髪、スカートのひだ、火山の煙…瞬間フリーズもシーフの神業♪
  • Art Garfunkel「I Believe (When I Fall in Love It Will Be Forever)(永遠の思い)」
    レストランでのある瞬間を切り取った写真だけど、左の男性の手が気になるー。
  • Frank Zappa「Peaches en Regalia」
    サングラスに映ったストロボの光がザッパにとても似合う♪
  • Rickie Lee Jones「Chuck E.'s in Love(恋するチャック)」
    このデビューアルバムの写真、印象的でしたね。
  • Carly Simon「Waterfall」
    デザインもシーフ。グラミー「Best Album Package」にノミネート♪
  • Joni Mitchell「Black Crow(黒いカラス)」
    シーフが最も多く関わったのはジョニ・ミッチェル。
  • Ray Charles「Do I Ever Cross Your Mind? (duet with Bonnie Raitt)」
    レイのサングラスに映ったピアノの鍵盤がチャームポイント♪

次回の爆音アワーは・・・

                        
この記事をツイート

この記事の関連情報