いい音爆音アワー

いい音爆音アワー・ランキング2020 "ユーミン"編

Iioto-Bakuon-Hour Ranking 2020 “Yuming” edition

昨年12月には、「いい音爆音アワー・ランキング 2019」として、「いい音爆音アワー」ファンのみなさまからのエントリーによる、"The Beatles TOP40"を決定、発表いたしました。結果は概ね世間一般のイメージに則ったものでしたが、いわゆるポップ・チューンだけではなく、「Tomorrow Never Knows」や「Helter Skelter」もしっかり入ってきたのが、“バクオン”らしさかな。

これに倣って、今後毎年12月には、アーティストあるいはなんらかのカテゴリーにおける、「いい音爆音アワー・ランキング」を発表していきたいと思っていますので、みなさま引き続き、ご協力をよろしくお願いいたします。

さて、今年2020年は誰(何)にしようか、いろいろ検討した結果、やっぱり“ユーミン”でしょう♪ということになりました。「ユーミン=荒井(松任谷)由実自身の名義でリリースしているスタジオ録音作品」をその対象としたいと思います。

ということで、10月9日(金)からエントリーをスタート、11月末日までに、あなたが最も押したい荒井由実あるいは松任谷由実の曲を3曲以上10曲まで、順位をつけてエントリーしてください。

ランキングは、今年最後の「いい音爆音アワー」、12月16日(水)、第118回目において発表いたします。

どうぞ、ご遠慮なく、お気軽に投稿なさってくださいませ。

Iioto-Bakuon-Hour Ranking 2020 “Yuming” edition
いい音爆音アワーでは、開催100回記念としてアンケート企画を実施しました。

音楽を愛する皆さんから、あなたにとっての「史上最もナイスな曲」を3曲〜10曲に絞って順位を付けていただき、時代・地域を問わず最も愛されている音楽作品の上位100曲を発表しています。

「史上最もナイスな曲」結果発表はこちら

いい音爆音アワーとは?

古今東西の名曲・名演奏を、いい音で!爆音で!聴きましょうというシンプルなイベントです。
好きな曲でも、スピーカーから爆音で聴く機会はなかなかないですよね?

月の半ばくらいの水曜夜に、下北沢の「風知空知」という心地よい空間で、開催しています。

また、銀座も近い新富町「on and on」という高級オーディオショップの地下シアターでは、お店の凄いオーディオ機器を駆使して、最上級の音質で、アナログのアルバムをたっぷり聴く会=『いい音爆音★AA会』を、これも月に一度開催しています。

お気楽な集いです。途中参加・途中退場もOK、気軽にお越しください。

次回の爆音アワーは…

vol.117「追悼♪Both Sides of 筒美京平」

福岡智彦

1954年10月29日生まれ 
1978年、渡辺音楽出版入社。音楽制作ディレクターとして、山下久美子、チャクラ、太田裕美を手がける。1985年、EPICソニー入社。GONTITI、くじら、遊佐未森、小川美潮、Killing Timeなど、異色アーティストをメジャー・シーンに送りこむ。1998年、自らのプロデュース・レーベル「Robin discs」を起ち上げる。2004年、ソニー・ミュージック退社後、音楽配信サービス「レコミュニ」(現「オトトイ」)創設に参加。2007年、バウンディ株式会社入社。
2009年、同社代表取締役就任。2011年、バウンディは株式会社スペースシャワーネットワークに吸収統合。

2010年12月よりイベント『いい音爆音アワー』を毎月欠かさず開催している。録音芸術の復権を目指して奮闘中。