いい音爆音アワー vol.111 「ナイス♪デュエット特集」

ツイート
爆音アワー
いい音爆音アワー vol.111 ナイス♪デュエット特集
2020年 2月12日(水)@風知空知
2月の2にちなんで「二重唱」、すなわち「デュエット」の特集です。本来は「二重奏」、つまり楽器の場合も「デュエット」と言うそうですが、まあ歌に絞りましょう。また、デュエットは男女の二重唱、同性の場合は「デュオ」と言う、という説もありますが、ややこしいので、これにも耳を塞ぎましょう。「デュオ」は「二人組」ですよね。
で、「いい音爆音アワー」では以前「デュオ特集」をやったことがあります。と言っても5年前なんですが、やはり2月に(笑)。そのときだいたいお薦めのデュオ・アーティストはピックアップ済みなので、ここでは、デュオを除くデュエットについて選曲してみました。ふだんはソロで歌っているシンガーが、何らかの縁でいっしょにやってみた。人の出会いや別れにはきっとドラマがあります。そんなことにも思いを馳せながら、味わってみたい作品たちです。

福岡智彦 (いい音研究所)

セットリスト

  • 竹内まりや+大滝詠一「Something Stupid(恋のひとこと)」
    大滝さん最後の録音…と言っても亡くなる10年前だけど。
  • Joe Cocker & Jennifer Warnes「Up Where We Belong(愛と青春の旅だち)」
    映画のプロデューサーがなぜか「売れない方に100ドル賭けてもいい」とけなした歌。
  • Paul McCartney + Michael Jackson「Say Say Say」
    そりゃー売れるでしょ。できすぎデュエット。
  • Ray Charles + Michael McDonald「Hey Girl」
    (大滝さんと違って)死の直前に録音し、リリースを待てなかった遺作。
  • Philip Bailey + Phil Collins「Easy Lover」
    勢いで作り上げたパワーポップ・デュエット・チューン。
  • 橋幸夫+吉永小百合「いつでも夢を」
    清々しいデュエットの清々しい歌。
  • ディック・ミネ+星玲子「二人は若い」
    戦争に向かう暗い時代の明るい歌。
  • 椎名林檎と宮本浩次「獣ゆく細道」
    林檎さんの超絶難しい歌を宮本浩次が歌い切る♪
  • 椎名林檎と宇多田ヒカル「浪漫と算盤 LDN ver.」
    ロンドンフィルの演奏がすごい。
  • Joni Mitchell + Peter Gabriel「My Secret Place」
    カッコいい大人のデュエット。
  • Sheryl Crow + Sting「Always on Your Side」
    カッコいい大人のデュエット、その2。
  • Linda Ronstadt + Aaron Neville「All My Life」
    腕は太いのに声は細い、アーロンの美声にしびれます。
  • Roberta Flack & Donny Hathaway「You've Got a Friend」
    ジェームズ・テイラーのシングルと同じ発売日というカヴァーの捷さに驚きます。
  • Sarah Vaughan + Milton Nasciment「Bridges (Travessia)」
    ミルトンの歌は少しですが生ギターがすばらしい。
  • Freddie Mercury & Montserrat Caballé(モンセラート・カバリェ)「Barcelona」
    バルセロナ・オリンピックまでは命が続かなかったフレディの無念。
  • Marvin Gaye & Tammi Terrell「Ain't No Mountain High Enough」
    相性ピッタリのコンビだったのに、運命は無情。

次回の爆音アワーは・・・

                        
この記事をツイート

この記事の関連情報