スコーピオンズ、ニュー・アルバム制作の1stセッション終了

ツイート

ニュー・アルバムを制作するため、7月終わりにメンバー全員が揃いスタジオへ入ったスコーピオンズが、今週、最初のセッションを終えたそうだ。

◆スコーピオンズ画像、動画

ドラマーのミッキー・ディーは水曜日(8月26日)、レストランで食事をするメンバーやスタッフの姿をSNSに投稿し、「スタジオでの第1弾終了。第2弾は10月に開始」と報告した。



スコーピオンズは当初、5月にラスベガス長期公演を開催し、その時期にロサンゼルスのスタジオでレコーディングを行うはずだったが、新型コロナウイルスの影響を受け、公演は2021年に延期、スタジオはドイツ・ハノーファーに変更した。

2015年発表の『Return To Forever』以来となる新作は、モーターヘッド解散後、2016年に加入したディーがフルで参加する初のスタジオ・アルバムとなる。

スコーピオンズは10月、彼ら最大のヒット曲「Wind Of Change」の30周年を記念し、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とのヴァージョン、ロシア語、スペイン語のヴァージョン、未発表デモを収録したCD/LP、84ページあるハードカバーの本、レアな写真、インタビューなどを収めたデラックス・ボックス・セットを発売する。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報