ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2001レポート【8月5日(日)】

ツイート
~

ROCK IN JAPAN FESTIVAL【8月5日(日)】レポート
【8月3日(金)】レポートはこちら
【8月4日(土)】レポートはこちら

3日間にわたり計40組が出演した、<GRASS STAGE>と<LAKE STAGE>。
夏の恒例イベントとして定着した、フェスの様子をレポートしよう。

8月5日(日)“ひたちなか3日目”

8月3日(金)

GRASS STAGE
11:00~ Bump Of Chicken
12:20~ RIZE
13:45~ bird
15:15~ Air
16:45~ The Jon Spencer Blues Explosion
18:30~ Dragon Ash

LAKE STAGE
12:00~ Super Butter Dog
13:15~ fra - foa
14:30~ ズボンズ
15:45~ bloodthirsty butchers
17:00~ 真心ブラザーズ
18:15~ Soul Flower Union


8月4日(土)

GRASS STAGE
11:00~ ゆず
12:10~ バック・ドロップ・ボム
13:30~ TRICERATOPS
14:50~ SUPERCAR
16:20~ JJ72
17:30~ 奥田民生
19:00~ Mr. Children

LAKE STAGE
11:30~ pre-school
12:45~ MO'SOME TONEBENDER
14:00~ PEALOUT
15:15~ 山嵐
16:30~ Audio Active
17:45~ Boom Boom Satellites
19:00~ ACO


8月5日(日)

GRASS STAGE
11:00~ LOVE PSYCHEDELICO
12:20~ GRAPEVINE
13:40~ RIP SLYME
15:10~ 佐野元春&THE HOBO KING BAND
16:30~ 山崎まさよし
18:00~ エレファントカシマシ
19:30~ 中村一義

LAKE STAGE
11:30~ チェンバロ
12:45~ PENPALS
14:00~ GO!GO!7188
15:15~ in the Soup
16:30~ POLYSICS
17:45~ KING BROTHERS
19:00~ GUITAR WOLF
ぐるっと見渡してみるとテントの数も人の数も、昨日までの2日間より多くない? そーかそーか、みんなコレが聴きたくてやって来たのかーと納得してしまうほど、この日GRASS STAGEトップに登場したLOVE PSYCHEDELICOは素晴らしかった。


▲LOVE PSYCHEDELICO
ギターのゆるいうねりを頑丈なグルーヴに変えるバンド・アンサンブル。空に吸い込まれそうな、果てしなくなめらかな歌声。オープニングの「Free World」ですでにウワーッ! と叫びだしたい気持ちよさ。「
気持ちいいね。ボブ・ディランの曲でもやろっか」となにげなくスゴイことを言うKUMIの横で、“よし!”っとばかりにギターを弾くNAOKI、バンドのメンバーもみんな満面の笑顔ですっごく楽しそう。「I mean love me」「ノスタルジック'69」「Your Song」「LADY MADONNNA」「Last Smile」…。初めて聴いた時、なんて物憂く気だるい曲なんだろうと思ったデリコの歌が、どこまでも続く青い空の下、とてつもない解放感で鳴り響く。隣にいる見知らぬ人と肩を組んで踊り出したい気持ち。LOVE&PEACEってこういうこと?

続くGRAPEVINEはいつになく男気フェロモン急上昇の熱いステージを、一方のLAKE STAGEではPENPALSが新曲をひっさげて登場。1日のうち1番熱い真っ昼間の時間帯に、ジャンプして大声張り上げて歌って、いい汗流してもう大変。Sugar Soulに代わり急きょ出演したRIP SLYMEはユルめで陽気な、彼ら独特のポップ・チューンでGRASS STAGEの大観衆を沸かせる。

in the Soupを途中まで聴いて佐野元春のラストに駆けつけよう、という計画のもとLAKE STAGEへ。日比谷野外音楽堂の座席を取っ払ってコンパクトにした感じのLAKE STAGEで、スタンディング・ゾーンで待つ人と、その外周のシートゾーンに座ってる人は半々。MCのつもりでリズムに乗ってしゃべりだしたらいつのまにかエアロスミスに、そして村の祭りのような大騒ぎで歌い躍りながらフト振り返ると、自分の後ろでさっきまで見たこともなかった大勢の人たちが同じように飛び跳ねている。そこへ勢いあまってヴォーカルの中尾諭介がステージを駆け降りるもんだから…、大変な事態に! ステージに戻ってひとこと「
ちょっと殺気を感じた(笑)」。そんなおもしろすぎるライヴを途中で脱けることがどうしてできよーか。かくして、佐野さんの「99ブルース」はやるわ「SOMEDAY」はやるわの往年のファン感涙もののステージを見逃してしまった。


▲山崎まさよし
3ピース編成のメンバー全員が、甚兵衛姿で頭にタオル。夏ですなぁ~。そんな風情で「水のない水槽」から始まった山崎まさよし。「長男」「FAT MAMA」、そして「Passage」。傾きかけた夕日につられるように、隣にいる彼氏の肩に頭をちょこんと寄せて聴き入る女子多数。「
今年の夏は暑すぎて部屋のクーラーがきかない」と、チューニングの場つなぎにMCを少々。シュビドゥビッとハープを吹くと歓声が上がり、その声にニヤッと笑って応える。「心拍数」「愛のしくみ」「Plastic Soul」……スローナンバーからガンボでファンキーな曲へとギターは転がり、ヴォーカルは躍る。クールダウンした体がまた温まり始める。それにしても本当にいい声、いい音。端っこが見えないぐらいの大会場を一瞬にして自分のものにしてしまう、山崎まさよしの音楽の力にドキュンと撃ち抜かれる。

続くエレファントカシマシは、「ガストロンジャー」でしょっぱなから大暴発。その勢いにつられて、全速力でステージに向かって突っ走る突貫野郎を多数目撃。「
総合司会の宮本です」というキテレツなMCには笑ったけれど、「デーデ」「悲しみの果て」、ひとり暮らしの悲哀を歌ったという「孤独な太陽」、そして「武蔵野」「コール アンド レスポンス」などなどこれでもかといわんばかりの大盤振る舞い。そして常軌を逸したハイ・テンション。エレカシ、いまだゴウゴウと燃え盛る炎。


▲中村一義
3日間続いたフェスを締めくくるGRASS STAGE最後のアーティストは中村一義。昨年、台風で中止を余儀なくされたこのステージで歌えるのを1年間ずーっと待っていたという彼が最初に鳴らしたのは、“どーう?”。そうデビュー曲の「犬と猫」! ぎゃー! 昨年からこの日を待っていた人、人、人の大合唱と声援、そして中村くんの声の張りはちょっとスゴイものがありました。

「ショートホープ」「君ノ声」、そして「新曲を持ってきました!」といって披露されたのは、まだ正式なタイトルもついていない、発売も決まっていないという「キャノンボール(仮)」。「
僕は死ぬように生きていた~」…そんなふうに歌う、ひたすらたくましく強い歌。太く短いコンパクトなステージを終えて帰る中村くんの背中を包み込んだ夜空に、大輪の花火が舞い上がる。LAKE STAGEのGUITAR WOLFもトリ肌もののロッケンローだったと、誰かが息まいている。

最高のロケーションで最高の音楽を楽しんだ幸せな21世紀最初の夏は、終わった。

取材・文●梶原有紀子

この記事をツイート

この記事の関連情報