Aerosmithの最新情報は音楽総合サイトBARKSで!オフィシャルサイト:http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/SR/Aerosmith/ 30年近いキャリアを誇るAerowmithは、文字通りの復活組である。ボストンのガレージでスタートしてから、ロック界の…

  • the GazettE
  • 星野みちる
  • D.W.ニコルズ
  • いきものがかり
  • チリヌルヲワカ
  • Berryz工房
  • AC/DC
  • WORLD HAPPINESS
  • ポルノグラフィティ
  • ナオト・インティライミ
  • BUCK-TICK
  • 情熱大陸フェス
  • YAMAHA
  • 人間椅子
  • Oasis
  • ももいろクローバーZ
  • Slipknot
  • 布袋寅泰
  • Thom Yorke
  • THE YELLOW MONKEY
  • Deep Purple
  • JH Audio
  • Little Glee Monster
  • Eric Clapton

Aerosmith:ニュース・最新情報

NEWS

Aerosmith:プロフィール・バイオグラフィ・リンク

PROFILE/BIOGRAPY/LINK

オフィシャルサイト:http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/SR/Aerosmith/

 30年近いキャリアを誇るAerowmithは、文字通りの復活組である。ボストンのガレージでスタートしてから、ロック界のトップへと上り詰め、やがてドラッグ禍でどん底を味わい…すべてを経過してきた今、彼らはアメリカのロック史上最も成功した、耐久性のあるバンドとなった。

 5人組の誕生は'70年。当時は、ハードロックとR&Bとブルースを取り合わせて演奏していた。最初の2枚のアルバムは、地元ではヒットしたものの、ボストン以外では全くパッとせず、シンガーのSteven TylerとギタリストのJoe Perry は、Mick JaggerとKeith Richardsのクローンだとして全く相手にされなかった。ところが、'75年に3rdアルバム『Toys In The Attic』がリリースされると、状況は一変。まず、'73年のデビューアルバムに収録されていたバラード“Dream On”が再発されてヒット。続いて、ギター・リフは押しが強く、歌詞は性的なほのめかしだらけという“Walk This Way”が、Aerosmithにとって2曲目のトップ10ヒットとなった。
 '76年の『Rocks』で、芸術的にも商業的にも、バンドは新たな高みに達する。ところが、そこで底が抜け落ちた。過度の成功が裏目に出て、内輪もめとドラッグ禍から'79年にPerryが脱退。'81年にリズムギタリストのBrad Whitfordも後を追う。TylerとベーシストのTom Hamilton、ドラマーのJoey Kramerは活動を続けるが、既にかつてのようにはいかなかった。

 オリジナル・ラインナップが復帰したのは'84年だが、バンドのやる気に火が着いたのは、'86年、ラップ・グループのRun-DMCが“Walk This Way”をリメイクした際に、TylerとPerryが参加したのがきっかけだった。そして、『Permanent Vacation』で新たな若い世代にその存在を知らしめたのが'87年。'89年のアルバム『Pump』はチャート第5位を記録して、売上げは500万枚を超えた。この事態に、彼らの古巣であるColumbia Recordsは、AerosmithがまだGeffinにアルバム2枚の借りを残している状態にもかかわらず、3000万ドル相当とも伝えられる契約金でバンドを呼び戻したのだった。
 Columbiaとの新契約の後、最初のアルバムとなった『Nine Lives』は、前作や前々作ほどの大ヒットにはなっていないものの、40歳を過ぎて10代のテーマを歌う大人にキッズは反応しない、という説を覆しつつ、新しいミレニアムを迎えた今も、彼らは新たなファンを獲得し続けている。最近ではNickelodeon's Kids' Choice Awardsで最優秀ロック・バンドのトロフィーを獲得し、ステージでHansonと肩を並べもした。最年少Isaacの年齢を考えると、ことさら感心させられる。Hanson兄弟の上の2人、TaylorとZacharyの年齢を足してもまだ、Steven Tylerの年齢よりも数字が小さいのだから。

This Biography was written by Craig Rosen

Aerosmith:ライブ・コンサート・チケット

LIVE/CONCERT/TICKET

Aerosmith:プレゼント

PRESENT

BARKSを運営するジャパンミュージックネットワーク株式会社は、事業拡大に伴い編集スタッフ・Webエンジニアを募集いたします