2013年、BARKSでは400本ものインタビュー記事をアップしてきました。ってことはざっくり計算しても1日1本はインタビュー記事があがっていたことになるんですね。おぉー。ということで、“BARKS NEWS よもやま 2013”音楽ニュースTOP10、ここではインタビュー記事TOP10をお届けします。

◆【2013年をニュースで振り返る】BARKSニュース アーティストインタビューTOP10

リリースする作品についてだったり、ライブ前の心境を語ってもらったり、はたまたプライベートな部分を中心に聞くために雑談したりと、BARKSでは様々な内容で数々のアーティストにインタビューを行ってきました。そのうちのTOP10。……これ、TOP10じゃなくて、編集長が総合ランキングでやっていた“おまけ形式”でTOP30を発表しちゃおう。

さて、2013年のBARKSインタビュー記事の1位は、三浦大知の雑談シリーズ。三浦大知と編集部(つ)が雑談という形をとることで、これまであまり語られる機会がなかった大知くんのプライベートや、大知くんにまつわる素朴な疑問、そしてファンからの声などをざっくばらんに緩く話し合うことができたのが、ファンと関係者の間で話題になった。なお、“三浦大知と対談しよう”シリーズは、5位、6位にもランクイン。そして、アルバム『The Entertainer』のセルフライナーノーツが8位と、TOP10は“三浦大知祭り”となった。 ってことで、TOP10じゃなくて、TOP30発表にしたのは、これが理由である。ぎゃふん。

2位は、2013年のNHK『紅白歌合戦』にも初出場するLinked Horizon、そしてcinema staffが『進撃の巨人』について語った対談インタビュー。そして3位はKEITAで、初公開写真とともに作品にかける本人の言葉を直接届けたことが反響を呼んだ。

4位の真野ちゃんインタビューは、ハロプロ卒業直前の真野ちゃんと、マノフレならみんな知ってるマネージャー・マネティのふたり一緒に話を訊いて記事に落としこむという、編集部(つ)だからこそできた、これまで誰も見たことがない、ロケバスとか楽屋でしか見たことがないキャスティングが功を奏した格好となった。

ランキングTOP30で他に見逃せないのが、10位にランクイン、12月11日に13年5ヶ月ぶりのアルバム『A WILL』をリリースしたLUNA SEAのSUGIZOのインタビューだ。新作アルバム『A WILL』で表現したかったのは「感謝と喜び」と語り、SUGIZOさんの親しい友人やミュージシャンが亡くなってきたという話しのなかで、「25年たってなおメンバーが五体満足で元気で、今も音を出せていることに感謝している」という言葉には、特に涙を誘った。

そして、もうひとつ。18位にランクインしたMUCC、幻の6人編成インタビューだ。新メンバーとなった三味線担当のDEANと尺八担当の班長(※すでに脱退)を迎えて繰り広げられたトークは、嘘か誠か、真剣だったのか、ネタだったのか。とにかく爆笑ものの記事となった。今読み返してもやっぱり爆笑だ。

いよいよ迎える2014年。新年以降に決定しているインタビューの仕込みもしていたりするのだが、このランキングを見ると、インタビューは全部、雑談にした方がいいのか?と思ったり思わなかったり(笑)。

BARKSをご愛読いただいている皆様へ。「アーティストにもっとこんなことを聞いてほしい!」、「こんな企画をお願い!」というご要望がありましたら、Twitter、Facebook、または、サイトTOPの最下部にある「コンタクト」からご意見をお寄せください。

text by BARKS編集部(寺)

1位三浦大知と雑談をしよう。前編 「(ファンのこと)ほんと誇りに思います。」
2位Linked Horizon×cinema staff、『進撃の巨人』を語る「“エレン死んだけど大丈夫か!?”と諫山さんの手の上で翻弄されてました(笑)」
3位KEITA、初公開写真とともにソロアルバム『SIDE BY SIDE』を語る
4位真野恵里菜、マネティとハロー!プロジェクトでの日々を振り返る
5位第2回 三浦大知と雑談をしよう。前編 「ナチュラル」という考え方
6位三浦大知と雑談をしよう。後編 「みんなの“気づき”になりたいですね」
7位T.M.Revolution×水樹奈々、革命的コラボシングルを語る「今までになかったようなものを作るなら、相手は水樹さんしかいないと」
8位三浦大知が最新作『The Entertainer』を語る 前編
9位VAMPS、ニューシングル、ZEPPツアー、海外公演、ベスト盤を語る「現状、日本でここまでやってるアーティストはいないんじゃないかな」
10位LUNA SEA、SUGIZOが語る『A WILL』 「25年やってきたからこそ痛感している、感謝や愛がこめられている」
11位第2回 三浦大知と雑談をしよう。後編 驚愕の“無音ダンス”秘話
12位eliは渋谷系をどう見ていたのか。本当は何をやりたかったのか?
13位コブクロ、シングル「One Song From Two Hearts」リリース「新曲がたくさんできたことで“あの休養期間は充電でした”って、胸張って言える」
14位柴田淳「全部好きな曲を入れたから、私の中では重量感があって今まで一番好きな作品になった」
15位シェーン・ガラス、最新アルバム『Ascend』とB'zを語る「積み重なって、みんなのギアががっしり噛み合ってきた」
16位夢の大舞台・大阪城ホールライブを目前に控えたいま語られるSCANDALの真実
17位圭(バロック)vs海(vistlip)、“隔世遺伝結果”に至る想い「新しく生まれてくる何かが楽しみなツアーです」
18位MUCC、6人編成の初取材は爆笑必至「ひとつの形にしたモノを近々お届けできると思う」
19位河村隆一、「僕の人生は音楽だしロックだし、僕の生まれ育った場所はLUNA SEAだからね」
20位三浦大知が最新作『The Entertainer』を語る 後編
21位SKY-HI a.k.a.日高光啓(from AAA)が語る“事業計画”
22位いきものがかり、アルバム『I』を語り尽くす<前編> 「聴き手の方々にも“自分の曲”として聴いていただきたい」
23位【月刊BARKS つんく♂ロングインタビュー vol.3】「『ハッピーサマーウェディング』も、最初は『まっさかサマーホリデー』って曲だったんですよ(笑)」
24位YOSHIKI、「奇跡というのは起こる」
25位UVERworld、「自由に楽しく音楽できる状況をやっとつかんだという感覚がある」
26位ラルクのyukihiro、時雨の345、モーサムの百々からなるgeek sleep sheep、結成前夜から現在までを語るロングインタビュー「ドラムがやりたかったんですよね」
27位黒夢「もっと自由であっていいと思うし、僕ら自身が黒夢に縛られる必要もない。形式としての黒夢がいつまでも続くとは思ってない」
28位フェアリーズ、「CDをみると、“私フェアリーズの一員なんだ”って実感しますね」。
29位サカナクション、“戦略と本能を一つのアルバムにした”表裏一体のアルバム
30位LoVendoЯ、田崎あさひと<ミュージックフェスタ>音楽監督・中島卓偉に訊く。


◆【2013年をニュースで振り返る】BARKSニュースTOP10特集